スポンサーリンク

「一筋縄」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「一筋縄」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「一筋縄」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「一筋縄」とは?意味

1本の縄、転じて、特別ではなく世間にありふれている手段という意味です。

「一筋」は1本の細長いものを意味します。

また、普通の程度であるさまという意味もあります。

「縄」は植物の繊維や化学繊維をより合わせて作った細長いものです。

「一筋縄」の概要

日常で1本の縄を何かに使うことは少ないでしょう。

この言葉は、特別ではなく世間にありふれている手段という意味で使われることが多いです。

多くの場合「~ではいかない」の形で使われます。

育成ゲームのことで説明をします。

育成ゲームの基本的な仕組みは、ペットやモンスターなどにエサを与える、ミニゲームをクリアして能力を上げるなどして、育てていくことです。

お腹が空いているようならエサを与える、能力を高めたいならミニゲームをやるなど、単純です。

しかし、このように単純にはいかないゲームもあります。

エサは複数用意されています。

どのようなエサを与えるかで、ペットの能力が変化をします。

また、何をどれくらい与えたかによって、進化したときの形態が変わってきます。

ミニゲームは、どれをクリアするかによって上がる能力が異なります。

失敗しても能力は下がりませんが、ペットには寿命があるので、失敗ばかりしていると時間を無駄にします。

さらに、ペットのよっては冬眠をします。

冬眠期間中は何もできません。

能力を上げたければ、冬眠前に何かをする必要があります。

そして、ゲーム内に登場する人と一緒に冒険に出かけることもあります。

冒険に出かけることでペットの能力が変わってきます。

冒険でアイテムを見つけることがあり、これはペットの飼育に使うことができます。

何のエサをどれくらい与えるか、どのようなミニゲームで遊ぶかを考え、さらに冬眠期間を考えて飼育していかなければなりません。

ただエサを与える、ペットの世話をするといった普通のやり方では、このゲームをクリアすることはできないのです。

普通のやり方ではできないという意味で「一筋縄ではいかない」といいます。

「一筋縄」の言葉の使い方や使われ方

否定語を伴って使われることが多いです。

否定語をつけると、特別であり、世間にありふれていない手段といった意味になります。

「一筋縄」の類語や言いかえ

「簡単」が似た意味を持つ言葉です。

簡単には、それをするのにかかる動作の数や時間がかからないという意味があります。

普通のやり方で物事ができてしまうことがあります。

ないで否定をして「簡単ではない」とすると、動作の数や時間などがかかるという意味になります。

困難なことは、それをするのに時間がかかったり、多くの作業が必要であったりします。

そのときのことを意味します。

まとめ

日常生活の中には、ごく普通のやり方で処理できるものもあれば、そうでないものもあります。

困難な事柄は、特別でありふれていない手段で行わなければならないことがあるのです。

そのときのことを「一筋縄ではいかない」といいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典