スポンサーリンク

「一進一退」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「一進一退」とは?四文字熟語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

漢数字の「一」が二度用いられている「一進一退」

この記事では、「一進一退」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「一進一退」とは?意味

「一」進んで「一」退くと書いて、「一進一退」

「一進一退」には、何か状況や事態などが進んだり、退いたり、といった意味があります。

状態が良くなったり、悪くなったり、を意味する「一進一退」となるため、良い状態でも悪い状態でも用いることは可能です。

ただし、一般的には、退くこと。

つまり、悪くなる状態の際に用いることが多い言葉となります。

「一進一退」の状況は、何も改善されず停滞してしまっている状態。

このような状態が「一進一退」です。

「一進一退」の概要

一つ進んで一つ退くと書く「一進一退」

良くなったかと思えば、その後、また悪くなってしまうといった意味から成り立つ言葉で、由来は中国の思想書「荀子」です。

その中に一説に「一進一退」が用いられ、進んだり退いたり、といった意味で文中に使用されています。

「一進一退」の言葉の使い方や使われ方

「一進一退」は、様々な場面で用いられる言葉です。

「一進一退の病状」の場合、病状が良くなったかと思えば、すぐに悪くなってしまう、といったような病状の変化を意味する際に用いられます。

このように病状には、「一進一退の繰り返し」といったような表現方法が用いられ、病状に対し改善しない、完治しない、ことを表す表現として用いられます。

このほかには、「一進一退の状況」「一進一退の攻防戦」などいった形で用いられます。

「一進一退」の類語や言いかえ

「一進一退」に似た意味を持つ言葉はいくつかあります。

同じ漢数字を用いる言葉には、「一喜一憂」「二転三転」があり、「一喜一憂」は、毎回、喜んだり心配するといった意味があり、「二転三転」には、物事の状態がコロコロと変わるといった意味があります。

そのほか、物事がうまく進まない状態を意味する「停滞気味」「紆余曲折」などといった言葉も「一進一退」の類語となります。

このような四字熟語ではなく、日常的な言葉に置き換えた場合、「一進一退」は、「横ばい」「停滞」「行き詰まり」「立ち往生」「足ふみ状態」などとなります。

また、「一進一退」とは逆の意味を持つ言葉には、迷わず真っ直ぐに進むといった「猪突猛進」「直往邁進」などがあります。

このような言葉のように一直線に進むことができないのが「一進一退」となるのです。

まとめ

以上が、「一進一退」の意味となります。

「一進一退」の場合、あまり、良い意味で用いられることは少なく、多くの場合、全く良くならない、進まない、などといった意味で用いられ、物事の状態などが良くなるよりも悪くなるほうが大きい、完治することができない、などといった意味で使用されることが多い言葉となります。

このことを踏まえ、適切に「一進一退」を使用することが必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
四文字熟語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典