スポンサーリンク

「上の空」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「上の空」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「上の空」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「上の空」とは?意味

「上の空」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「上の空」「うわのそら」と読みます。

「上の空」には、まず「天空」「空中」という意味があります。

また、「あてにならないこと」という意味があります。

ただし、この二つの意味は、古典の文章に使われている「上の空」に対する意味で、現在ではこの意味を持ちません。

現在の「上の空」の意味は、「他のことに心が奪われてしまい、目の前のことに注意が向いていない様子」と意味します。

また、「浮ついてしまい、落ち着きのない様子」を意味します。

まるで心が、空中にあるように、ふわふわしていることから、「上の空」という言葉が使われていると考えることができます。

「上の空」の概要

「上の空」という言葉は、心が落ち着かず、そわそわしているようなとき、また、浮ついている人に対して使う言葉になります。

特に、目の前で起こっていることに対して、集中できないとき、同時に他のことを考えているときなどに、「上の空」を使うことが多くなります。

目の前で、物事が進んでいるのに、集中できない理由として、「心配事」「誰かを好きな思い」がある場合が多くなっています。

仕事をしている女性で、家に置いてきた小さな子供が留守番をしているような場合は、なかなか仕事に集中できないはずです。

また、お見合いをしていても、他に好きな人がいる場合は、目の前の人に集中できないでしょう。

このように、心配事があったり、好きな人がいるとき、「上の空」になりやすいと考えることができます。

「上の空」の言葉の使い方や使われ方

「上の空」という言葉は、心配事があるとき、好きな人がいるときに使うケースが多くなります。

心配事があって、仕事が手につかない場合は、「借金の取り立て屋が会社のロビーにいて、仕事が上の空になった」と、「上の空」を使った文章を作ることができます。

また、好きな人がいて、デートに集中できない場合は、「大好きなA君の顔が浮かんで、B君とのデートが上の空になる」などという文章を作ることができます。

「上の空」の類語や言いかえ

「上の空」の類語に、「気もそぞろ」があります。

「気もそぞろ」には、「他のことが気になって、落ち着かない」という意味があります。

「そぞろ」「そわそわする」とか「落ち着かない」という意味があります。

「上の空」にとても似た言葉になります。

「そろそろ合格発表の日が近づいているため、何をしていても気もそぞろになってしまう」などという使い方をします。

まとめ

「上の空」という言葉についてみてきました。

何かが心配だったり、好きな人がいるなどして、目の前の物事に集中できないとき、「上の空」という言葉を使うことができます。

目の前の仕事や遊びに集中できていない人を見つけたとき、「上の空だけど、何かあった?」などと質問してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典