スポンサーリンク

「不備」と「不足」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「不備」と「不足」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「不備」「不足」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「不備」とは?

「不備」「ふび」と読みます。

意味は「必要なものが完全にそろっていないこと」です。

何かが足りない状態、または完全ではない状態を表す言葉で、具体的な内容までは表していません。

例えば、誰かがミスをしたのか、元々足りなかったのか、予測不可能な問題が起きたのかなどに関係無く、とにかく現在の状況では「足りない」「完全ではない」という意味で使われます。

「書類に不備がある」は、「記入漏れ」「書式違い」「誤り」などの場合があります。

その他にも「システムの不備」「法の不備」など、「完全ではなくうまくいかない状態」全般に使われます。

「不足」とは?

「不足」「ふそく」と読み、以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は「十分でないこと」という意味で、「学力不足だ」「料金が不足する」などと言います。

2つ目は「満足しないこと」という意味で、「相手にとって不足はない」などと言います。

上記に共通するのは「足りない」という意味です。

「不足」は、目に見えるものから心理的なものまで幅広く使われます。

「不備」と「不足」の違い!

「不備」「必要なものが完全にそろっていないこと」です。

「不足」「十分でないこと」「満足しないこと」です。

まとめ

今回は「不備」「不足」の違いをお伝えしました。

「不備は完全ではないこと」「不足は足りないこと」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典