「不動産屋」と「大家」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「不動産屋」と「大家」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「不動産屋」「大家」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「不動産屋」とは?

「不動産屋(ふどうさんや)」とは、「不動産(建物・土地)の売買・賃貸・代行管理を行っている事業者・会社」あるいは「不動産の売買・交換・賃貸の代理や仲介を行っている会社」のことを意味しています。

「不動産屋」が担っている業務は幅広く多岐にわたっていますが、「不動産(建物・土地)に関する売買・賃貸・管理とそれらの代行・仲介を行っている会社」のことなのです。

「大家」とは?

「大家(おおや)」とは、「賃貸物件を所有・管理していて借主に貸している人」のことを意味している言葉です。

「大家」という不動産用語は、「アパート・マンションの部屋や一軒家を所有・管理していて、家賃を受け取って借主に貸している人」のことを意味しているのです。

「不動産屋」と「大家」の違い!

「不動産屋」「大家」の違いを、分かりやすく解説します。

「不動産屋」「大家」「不動産の物件に関連している言葉」として類似している部分もありますが、「不動産屋」というのは「土地・建物の不動産に関連する売買・賃貸のビジネスを行ったり、それらの代行業(大家に代わる代行業)をしたりしている会社・事業者」のことを意味しています。

「不動産屋」に対して「大家」というのは、「自己所有の物件(アパート・マンション・一軒家)において賃貸業を営んでいるその物件・部屋のオーナー」のことを意味している違いを指摘できます。

「大家」「不動産屋」とは違って、「自分が所有・管理している賃貸物件を家賃を受け取って貸している」だけの人であり、「他者の不動産の売買・賃貸・交換などの代行・仲介の業務」まではしていないという明確な違いがあるのです。

まとめ

「不動産屋」「大家」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「不動産屋」とは「不動産(建物・土地)に関連する売買・賃貸・交換・管理とそれらの代行・仲介業を行っている会社や事業者」を意味していて、「大家」「賃貸物件を所有・管理していて、借主に有料(家賃)で貸している人」を意味している違いがあります。

「不動産屋」「大家」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典