スポンサーリンク

「不和が生じる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「不和が生じる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「不和が生じる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「不和が生じる」とは?意味

「不和が生じる」とは、「ふわがしょうじる」と読みます。

「不和」とは、仲が悪い事や仲違いを意味し、「生じる」とは、起きるや起こるという意味があります。

よって「不和が生じる」とは、仲違いが起きるという意味となります。

「不和が生じる」の概要

「不和が生じる」とは、仲違いが起きるという意味となります。

そのため、なんらかの原因によって元々は関係が悪くなかった2者が仲違いを起こした場合に「不和が生じる」という事になります。

「不和が生じる」原因については、もちろん個人同士の喧嘩や、意見の対立、主張の相違など、原因は様々です。

これらの対立が起きるのは、個人同士だけではありません。

政治の分野などでも同じ党に所属や派閥などに所属したりしていても、政策や主張の違いにより「不和が生じる」場合もあります。

また国家間でも、領土問題や人権問題、テロ問題など様々な国際問題によって国家同士に「不和が生じる」事があります。

この国家間の「不和」はやがて敵対へと変わり、戦争が起こる原因にもなりかねないのです。

「不和が生じる」の言葉の使い方や使われ方

「不和が生じる」は、元々関係が悪くなった2者が何かの原因によって仲違いを起こした場合に「不和が生じる」と使われます。

これは人に対してだけではなく、団体同士、国家同士など二つの異なる場所などでも使われます。

そのため、国家同士に「不和が生じた」場合は、その国家同士で解決できるのが一番よいですが、いくつかの国家に飛び火してしまい、大きな問題となってしまう事も少なくないため、ニュース番組などで頻繁に取り上げられた際に「不和が生じた」と使われる場合があります。

「不和が生じる」を使った例文

・『幼少期は親友同士だった二人であったが、大学の頃に不和が生じ、大人になった今では連絡先すら知らないそうだ』
・『隣国との不和が生じ、緊迫した状態が続いている』
・『些細な喧嘩が発端で不和が生じた友人がいたが、現在では仲直りをした』

「不和が生じる」の類語や言い換え

「不和」という言葉には他にいくつかの類語が存在します。

仲が良くない事を示す「不仲」や、意見がぶつかる事で仲違いがおこしているという意味の「確執」などがあります。

そのほかにも仲の悪さが原因で睨み合うという意味の「反目」があります。

まとめ

「不和が生じる」とは、元々関係が悪くはなかった2者がなんらかの原因によって仲違いを起こしたという意味となります。

その2者は人と人はもちろん、団体同士、国家同士など幅広く使われるという事になります。

誰しもが友人や家族と意見が対立してしまったり、喧嘩してしまったりして「不和が生じて」しまった経験がある人も少なくないではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典