スポンサーリンク

「不満」と「苦情」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「不満」と「苦情」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、不満と苦情の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

不満とは?

不満とは、不足していて納得できないという意味があります。

納得できないから満足できない気持ちを表す言葉です。

物足りないと思うと人は心が満たされず、満足できない状態に陥ります。

そんな満足できない自分の状態でイライラしたり、人に文句を言って不満をぶつけるのです。

自分だけに不幸なことが起きたとき、どうしてこんなことになってしまうのかと恨み、満たされない気持ちに包まれれば怒りが込み上げてきて、不平不満をぶつけます。

それだけおかしいと思うとき、酷いと思ったときによく使われる言葉です。

「不満を口にする」「あなたの意見には不満がある」などと使われ、自分がいい気持ちではないことを伝えられる表現です。

なんらかの障害で自分の欲求が満たされることがない状態であるとき人は不快な気持ちに包まれ、不安になる感情を人に伝えるときに使える言葉です。

苦情とは?

苦情とは、商品や物事に対して企業や店舗にその不満を伝えることを意味しています。

苦情を言うときの例としては、写真で商品の魅力をチェックしてから購入して、手元に届いたら写真とサイズが違った、色合いが違ったというとき商品を販売している会社に苦情を言います。

苦情を言うことで企業に問題定義して、今後、もう少し商品が消費者に分かりやすいように写真を改善させるためにも苦情を伝えるわけです。

また、隣に住む人が騒いで煩いから苦情を言って騒がないようにさせるなど、迷惑行為する人に対して、相手に迷惑であることに気づかせ、その行為をやめさせるとき訴えるために「苦情を言う」と使います。

不満と苦情の違い

不満と苦情の違いを、分かりやすく解説します。

自分が期待していたのに、満足できないその気持ちを表しているのが不満、事実とは違っているのでおかしいと注意するのが苦情という違いがあります。

不満の例文

・イライラするのは欲求不満なのだろう。

・会社の食堂メニューは数が少なくて不満だ。

欲求が満たされていない人はいつも気持ちが落ち着かず、おもしろいと思わないからいつもイライラしています。

会社の食堂メニューが少ないところに飽きてしまい、もっと増やしてほしいと思う人はなかなか改善されないことに不満を持つのです。

苦情の例文

・私は客からの苦情処理の仕事をしています。

・何度も苦情を言う人は性格が捻くれている。

苦情処理専門のオペレーターは、客からの苦情を受け取り、商品や今後のサービスを改善するべく苦情をまとめて提出する仕事です。

何度も苦情ばかり言う人は性格が素直ではなく、どこか捻くれているところが見られてがっかりだという気持ちを表しています。

まとめ

どこか物足りなさを感じると不満を感じてしまい、気持ちが落ち着かないときはその状態をうまく解消できるように改善策を考えてみましょう。

また、苦情を言いたいときは相手とうまく交渉し、トラブルなく改善するためにも何をどのように問題点を伝えればいいのかよく考えてから人に伝えることが大事です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典