スポンサーリンク

「不相応」と「分不相応」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「不相応」と「分不相応」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「不相応」「分不相応」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「不相応」とは?

「不相応」とは、ふさわしくないこと、様子という意味になります。

例えば「学生には不相応な生活」「学校に不相応な金額を持って来ないこと」などと言いますのは、学生にとってふさわしくない生活態度、学校という場にふさわしくない金額(大金)を持って来ないといった意味になるわけです。

「分不相応」とは?

「分不相応」とは、その人の身分、能力、立場から見てふさわしくないこと、その様子という意味になります。

つまり「分不相応」とは人によって違いがあるとも言えるでしょう。

「あなたには似合いますが、私には分不相応です」「分不相応な生活だったのでいずれ破綻するとは思っていた」などと、使います。

「不相応」と「分不相応」の違い!

「不相応」「分不相応」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉はどちらも「ふさわしくない」という意味は共通しています。

「不相応」とは「ふさわしくない」という意味ですが、「分不相応」「その人の身分、能力にふさわしくない」という意味になります。

つまり同じ物を所有したとして、ある人にとっては「ふさわしい」ものであっても、自分にとっては「ふさわしくない」という場合に「分不相応」という言葉を使うわけです。

「分」には身分、能力といった意味がありますので、人に対して使う場合は「不相応」という言葉に留めておいた方が無難でしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「不相応」「分不相応」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の意味を正しく理解して、ふさわしい方を選び使うようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典