「不確定」と「未確定」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「不確定」と「未確定」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「不確定」「未確定」の違いを分かりやすく説明していきます。

「不確定」とは?

「不確定(ふかくてい)」とは、「はっきりと決定していないこと」「その物事・現象・数字そのものが原理的に確定できないこと」を意味している言葉です。

「不確定」という表現には、「今はっきり決まっていない+今後もはっきり決まる可能性がない(原理的に決められない構造・性質を持つ)」という意味合いがあるのです。

例えば、「物質の最小構成単位である素粒子の位置づけは、不確定とされています」などの文章で使えます。

「未確定」とは?

「未確定(みかくてい)」とは、「まだはっきりとは決まっていないこと」「ある予定・物事・数字などが、今の段階ではまだ確定できないこと」を意味している言葉です。

「未確定」という表現には、「今はっきり決まっていない+これから先、決まる可能性はある(ずっと決定しないことが確定しているわけではない)」という意味合いがあるのです。

例えば、「ずっと未確定だった来月の仕事の予定が、明日には決まります」といった例文で使用されます。

「不確定」と「未確定」の違い!

「不確定」「未確定」の違いを、分かりやすく解説します。

「不確定」「未確定」もどちらも「はっきりと決まっていないこと」を意味している点では類似していますが、「不確定」という表現は「その物事・現象・数字自体が確定できないこと(今後もはっきりとは決められないこと)」に意味の重点があります。

「不確定」に対して「未確定」という言葉は、「まだ現段階でははっきりと決まっていないこと(今後ははっきりと決まる可能性もあること)」を意味しているという違いを指摘できます。

「不確定」「原理的に確定できない・これから先も確定する可能性がない」という意味のニュアンスがあり、「未確定」のほうは「今の段階では確定できない・今後確定する可能性がある」という意味のニュアンスがあるのです。

まとめ

「不確定」「未確定」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「不確定」とは「はっきりと決まっていないこと・その物事自体が確定できないこと」を意味していて、「未確定」「今の段階ではまだはっきりと決まっていないこと」を意味している違いがあります。

「不確定」「未確定」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典