スポンサーリンク

「不遇な扱い」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「不遇な扱い」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「不遇な扱い」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「不遇な扱い」とは?意味

「不遇な扱い」「ふぐうなあつかい」と読みます。

「不遇」とは、その人に才能があっても運に恵まれずその才能が認められていないという意味があります。

ただ単に運がないだけの人は「不遇」とは言われません。

「才能が認められていない」理由が「運が悪い」場合に「不遇」という言葉が初めて使われるのです。

また、「不遇の扱い」という言葉は、「不遇の扱い」を受ける人と「不遇の扱い」をする人が必要になります。

よって自分では能力があると思っている人が、他人などにその能力を認めてもらえない場合に「不遇の扱い」が成立するのです。

「不遇な扱い」の概要

「不遇」とは、ただ運がないだけではなく、しっかりとした能力があるにも拘わらず、その能力が運悪く認められずにいる場合に使用される言葉です。

「不遇」単体でも、もちろん使用される言葉になっていますが、「不遇な扱い」を始め、「不遇な時」「不遇の人生」「不遇を受ける」など熟語として使われる場合が多くなっています。

どれも「不遇」という言葉が使われているため、どれも「運が無く自分の能力や才能が認められない状況」を説明している言葉になります。

その中でも「不遇の扱い」とは、「自分では能力があると思っている、技量があると感じている分野を認めてもらえなかった」という意味に捉える事ができます。

ただ単に雑な対応などをされた場合だけでは「不遇な扱い」を受けたとは言えないでしょう。

「不遇な扱い」の言葉の使い方や使われ方

「不遇な扱い」が使用される場面では、例えば就職時の面接などに自分のアピールとなる点を評価してもらう事が出来ず内定をもらえなかった場合など「不遇な扱い」を受けたという事になるでしょう。

また、自社の商品をアピールしても、その商品の良さや利点を理解してもらえず、あっさりとした対応をされてしまった場合などにも「不遇の扱い」を受けたと言えます。

このように「不遇の扱い」が使用されるには、自分ともう一人第三者が必要になり、第三者によって「不遇の扱い」を受ける事になります。

「不遇な扱い」を使った例文(使用例)

・『能力が先生に認められず、不遇の扱いを受けている友人がいてとても可哀想だ』
・『営業に行った取引先に新商品を勧めたところ、軽くあしらわれ不遇の扱いを受けてしまった』
・『精魂込めて作った料理を旦那にまずいと一蹴され、不遇の扱いを受けた』

まとめ

「不遇の扱い」は、自分の能力などが認められず、運悪く雑に扱われてしまった場合に使用される言葉となります。

誰もが「不遇な扱い」を受ける事はショックな事であり、それを避けるために努力やアピールを行います。

しかし運悪くそれが相手にうまく伝わらず、雑な扱いを受けてしまう事を「不遇の扱い」となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典