スポンサーリンク

「世間話」と「雑談」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「世間話」と「雑談」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「世間話」「雑談」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「世間話」とは?

「世間話」【せけんばなし】とは、世の中に関するたわいない話をすることです。

「世間」は世の中、社会を広く指す言葉で「世間話」は、世の中に関する一般的な話題を話すことを意味しています。

具体的に「世間話」とは、世の中の事象について見聞きした情報を話題にすることを指します。

それはその場の雰囲気を壊さないとりとめのない会話で、流行に関する話題もあれば、他人の噂で盛り上がることも少なくありません。

主に、間をつないで会話を楽しむときに用いられますが、他人の悪口に花が咲きやすく、場の雰囲気が悪くなることもあるので話題の選び方には注意が必要です。

類語は「よもやま話」「噂話」(ゴシップ)です。

「よもやま話」は世間一般のさまざまな話題を取り上げることで「世間話」と近いニュアンスを持ちます。

「噂話」「ゴシップ」とも言い、他人の噂に花を咲かすことですが「ゴシップ」はあまり良い意味では使われません。

「世間話」の例文

・『世間話を交えながら商談を進める』

・『ご近所さんと世間話で盛り上がる』

「雑談」とは?

「雑談」【ざつだん】とは、気楽にとりとめのない会話をすることです。

漢字の「雑」はとりとめのないこと、「談」は話すことを意味しており、これらの漢字を組み合わせた「雑談」は、特に重要な意味を持たず気楽にできる会話を表しています。

「雑談」は、はっきりしたテーマを持たず、場の雰囲気を壊さないような当たり障りのない会話をすることです。

主に、間をつなぐ、場をなごます、共感を得ることで人間関係を潤滑にする目的でおこなわれます。

類語は「よもやま話」「歓談」「無駄話」【むだばなし】などです。

「歓談」は楽しく会話することです。

人間関係を潤滑にするための「雑談」「歓談」は良しとされますが、仕事や授業中などで不用に「雑談」をすると「私語」「無駄話」と呼ばれ、批難の対象となってしまいます。

なお「雑談」は古くから存在する言葉であり、かつては「ぞうたん」と呼ばれていました。

「雑談」の例文

・『学校の休憩時間は、友達と雑談をして過ごすことが多い』

・『彼は、ユーモアのある雑談で場をなごますのが得意だ』

「世間話」と「雑談」の違い

「世間話」「雑談」の違いを、分かりやすく解説します。

「世間話」「雑談」は、気楽にとりとめのない会話をすることを表し、ほとんど同じ意味を持っています。

また、互いに類語の関係にもあたります。

「雑談」は話の内容に重要性がなく、間をつなぐ程度の当たり障りのない会話を指します。

「世間話」「雑談」の一種です。

「世間話」の内容は、世の中に関するとりとめのない情報ですが、見聞きした噂、人の悪口といったニュアンスを含むところが「雑談」と変わってきます。

「雑談」は、場をなごまし人間関係を潤滑にする目的を持ちますが「世間話」はそうではない場合もあります。

他人の噂が話題になると悪口や批評に傾きやすいところが「雑談」の雰囲気と少し異なるのです。

まとめ

「世間話」「雑談」はほぼ同じ意味を持ち、線引きはあいまいです。

どちらも他人とのコミュニケーションを楽しむものですが、話題の内容や方向性は少し異なることを覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典