スポンサーリンク

「中傷」と「批評」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「中傷」と「批評」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「中傷」「批評」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「中傷」とは?

「中傷」は相手の名誉や相手の心を傷つける行為で、相手側が心を痛めることで成立します。

その上で、「中傷」は秘密の暴露などで秘密を暴露した人物側が「中傷」した人物の秘密すべてが事実だったとしても犯罪です。

一部、事実であれば、相手側を傷つけても事実であり、「批評になる」という理屈を言う方がいますが実際にはそうはならず、相手が傷つけば犯罪になります。

「批評」とは?

「批評」は、相手の意見に対し事実であるか、そうではないかを厳密に判断し評価することです。

つまりは、「批評」は、長所と短所を探して事実であるかそうではないかまでを判断し評価することを意味します。

決して、「批評」は反対意見ばかりを提示して対象の意見に逆らうことではありません。

「中傷」と「批評」の違い

「中傷」「批評」の違いは、単に相手を傷つけたり非難して咎める行為であるか、正しいことなのか間違いなのか、長所や短所はどうであるかを厳正に審査することであるかです。

厳正なる審査をすることは、「批評」で決して相手の意見に逆らうことではありません。

一方、「中傷」は相手を批難して傷つけることのみです。

「中傷」の例文

・『誹謗中傷』
『誹謗中傷』は相手を傷つけるうえで人格を否定し、かつ悪口を言うことを意味します。

誹謗が悪口で、「中傷」が相手を傷つける行為です。

その為、『誹謗中傷』が成立するのは、悪口により相手が傷つけば成立します。

「批評」の例文

・『映画の批評家』
これは、映画について正当にその作品の評価を行う人物のことを指しています。

「批評」は、対象となるものを評価することで、評価は善悪がしっかりとしているか、その上で長所と短所を併せ持っているかを評価するのが「批評」です。

「批評家」は、そんな映画やアニメにテレビゲーム等、人間が使用する物であれば何にでも正当な評価を下す人物のことを指します。

まとめ

「中傷」「批評」の違いは、対象をただ単に傷つけ相手の心までを侵食する行為であるか、単に正当な評価を下すだけに至るかです。

「批評」は実のところ、正当性にあり、善であるか悪であるかを吟味したのちに長所と短所を探して評価を下すため、正当な評価です。

一方「中傷」は評価ではなく単に相手を傷つけたいだけのことで目的も異なります。

「中傷」の目的は相手を傷つけるうえで相手の様子を伺い相手がどのような精神状態でいるかを面白おかしく傍観することにありますが、「批評」は、評価を下すため、理由においてはなんとなくというようなあやふやな評価は論外で、きっちりとした理由が必要です。

その為、「批評」から「中傷」になることは絶対にありえず、何故なら正当性がある評価であるため、「批評」は人格などを傷つける行為ではないため、「批評」が人格を攻撃して相手を傷つける行動であってはならないのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典