「中央線」と「境界線」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「中央線」と「境界線」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「中央線」「境界線」の違いを分かりやすく説明していきます。

「中央線」とは?

「中央線(ちゅうおうせん)」とは、「自動車の進行方向を分離して、対向車と安全にすれ違えるようにする目的で、道路の中央部分に引かれた線(ライン)」のことを意味しています。

また「中央線」という言葉は、「東京駅から高尾駅まで走っている快速電車(メタリックにオレンジの線が入ったデザインの電車)の路線」を指していることもあります。

「境界線」とは?

「境界線(きょうかいせん)」とは、「所有権や地理的(行政的)な区画などにおいて、土地の境目(さかいめ)になっている線」のことを意味している言葉です。

「境界線」という表現には、「物事の境目(自分と他者の境目)・物事をはっきりと区別する線」の意味合いもあります。

例えば、「私は他人との間に境界線を引くタイプです」「善悪の境界線が曖昧だと悪事に流されます」といった例文で使用できます。

「中央線」と「境界線」の違い!

「中央線」「境界線」の違いを、分かりやすく解説します。

「中央線」「境界線」「何らかの目的のために引かれた線」の意味では共通していますが、「中央線」というのは「対向車とぶつからないように、自動車の進行方向を分ける目的で道路の真ん中に引かれた線(ライン)」のことを意味しています。

「中央線」に対して「境界線」は、「所有者が違ったり地理的(行政区画的)に区別されたりしている、土地の境目になっている線」「物事の境目」を意味しているという違いを指摘できます。

また「中央線」には「境界線」にはない「東京駅から高尾駅まで走っている快速電車の路線」の意味合いもあります。

まとめ

「中央線」「境界線」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「中央線」とは「自動車の通行帯を区別するために道路の中央部分に引かれた線(センターライン)」を意味していて、「境界線」「所有権・地理的な区画などにおいて、土地の境目(さかいめ)になっている線」「物事をはっきりと区別する線」を意味している違いがあります。

「中央線」「境界線」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典