スポンサーリンク

「丸一日」と「一日中」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「丸一日」と「一日中」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

あっという間に1日が過ぎてしまったと感じることがありませんか。

この記事では、「丸一日」「一日中」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「丸一日」とは?

「丸一日」には、その日の朝から晩まで、一日中、終日という意味があります。

「丸」という漢字には、ひとかたまり、そのまますべてという意味があります。

「一日」とは、午前0時から午後24時までのことです。

つまり、「丸一日」は午前0時から午後24時までのことを表しています。

しかし、「丸一日を掃除に費やした」といった場合は、実際に午前0時から午後24時まで起きているわけではなく、また食事をとる時間もあるので、24時間すべてを掃除に費やしていたのではなく、一日の大半を掃除に使ってしまったという意味になります。

「一日中」とは?

「一日中」には、その日の朝から晩まで、終日という意味があります。

「日」は一昼夜を意味する漢字で、「中」はその間ずっと、すべてという意味がある漢字です。

つまり、「一日中」とは、一昼夜すべてという意味になります。

「丸一日」と「一日中」の違い

「丸一日」「一日中」は同じ意味です。

その日の朝から晩まで、終日を意味します。

2つの言葉に含まれている「日」とは、一昼夜のことです。

一昼夜は24時間のことを意味します。

使われる場面にも大きな違いはありません。

「その日は丸一日家にいた」とも「その日は一日中家にいた」ともすることができます。

どちらの言葉を使っても間違いではありません。

しかし、「丸一日を使って会議が行われた」とはいいますが、「一日中を使って会議が行われた」とはしません。

「一日中会議をしていた」の方が自然な言い方です。

まとめ

「丸一日」「一日中」は、言い方が違うので混乱してしまうかもしれませんが、意味するものは同じです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典