「主体性を持つ」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「主体性を持つ」について

人はそれぞれ自身で考えて行動しており、社会人になると特に自発的に行動することが求められます。

そして受け身にならず、自身で行動していくことを「主チア性」と表現することもあります。

しかし「主体性」を正しく理解している人は少なく、多くは曖昧な認識のまま用いられています。

使う頻度の多い言葉であるため、正し意味を知っておく必要があります。

「主体性を持つ」の意味とは

「主体性」という言葉は相手の人の行動を表す意味を持ちます。

その行動としてはどんな状況においても自身で考えて判断し、行動することを意味します。

そのためただ与えられたことに対してこなしていく・行動していくのではなく、自身で試行したうえでの行動となります。

そのため自らが主となって考える事を持つという意味となります。

また「主体性」は自身よりも他者評価としての意味合いを持ち、指摘したりその行動をほめるといったニュアンスも含まれます。

「主体性を持つ」の言葉の使い方

「主体性を持つ」という言葉の使い方について、基本的には他者の行動に対する評価・反応として用いられます。

相手に対して「自分で考えて行動するように」のように「主体性を持つ」ように私的・指導の意味で用いられやすいです。

自身に対して使う際は事故を振り返り、行動を改める際に用いられることが多いです。

そのため自身に対して「修礼性を持つ」ことを促すような使い方となります。

「主体性を持つ」を使った例文

「主体性を持つ」という言葉は自分で考えて行動することを表す意味で用いられます。

使う場面・機会もたくさんあるため、どのような使い方になるか例文を紹介します。

「主体性を持つ」の例文1

「君はいつも受け身で指示待ちになっている。これからはもっと主体性を持つようにしてほしい」

ここでは相手に対して「主体性を持つ」ことを促す意味で用いられています。

相手は自分で考えて行動することがなく、いつも受け身となっています。

今後のことを考えて代わるように指導の意味となります。

「主体性を持つ」の例文2

「私は以前、何でも人任せで自分で考えていませんでした。でも今では主体性を持つようにしている」

この場合、「私」とされる人物の過去と現在の比較に用いられています。

以前は主体性がなく、人任せ・自分で考えないことが多かったですが、今は変わろうと努力していると伝えています。

「主体性を持つ」の例文3

「友人に『君はどんな大変なことでも逃げずにしっかりと考えて決断しているどうやったらそんなに主体性を持つことが出来るか教えてほしい』と伝えた」

この場合、友人に対して褒める意味で用いられています。

友人の普段の行動は非常に主体性が伴っていると評価しており、そうなるにはどうすればいいかと質問しています。

「主体性を持つ」の英語と解釈

「主体性を持つ」という言葉は意味の解釈によって様々な英訳が存在します。

「主体性」という言葉の解釈では自立・自主といった意味を持つ“autonomy”という言葉が適応します。

他にも“independenc”では独立・自活といった意味を持ち、自分でするという意味では同義となります。

また概念的な意味では“identity”「主体性」を表す意味となります。

それに「持つ」を意味する“have” ”get”といった言葉が続くことで「主体性を持つ」と訳されます。

「主体性を持つ」の類語や類義表現

「主体性を持つ」には類語・類義表現もたくさんあります。

どのような言葉が該当するのか、例を紹介していきます。

「自主性を持つ」

この言葉は「主体性」同様に自己にて行動する意思を持つことを意味し、類語に該当します。

しかし「自主性」の場合は誰にも言われずに自ら率先して行動することとなり、「主体性」とはニュアンスが異なります。

「積極的になる」

この場合は対象となる人の変化を表す意味でとなります。

「積極的」は自ら率先することを意味しており、その背景には意思が伴うことから類語とされています。