スポンサーリンク

「主回路」と「制御回路」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「主回路」と「制御回路」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「主回路」「制御回路」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「主回路」とは?

「主回路」は、家電製品など電力を必要とする物に電流が流れ込む道筋のことを指し示します。

「回路」は電流が流れ込むことでそれら電力を様々な場所へ届退ける役割があり、「主回路」は電流が流れ込む道を示す言葉です。

「主回路」の使い方

「主回路」の使い方は、家電製品などの内部構造でどこを主として電流が流れ込んでいるかを特定する場合、この「主回路」という言葉を使用します。

「主回路」は電力が流れ込む始まりの道からすべての道であるため、内部構造で「主回路」はどこであるかを示した場合、それは元となる電力の流れはどこからどこまであるかとするのです。

「制御回路」とは?

「制御回路」は電流の流れを制御し各回路に信号を与える存在です。

つまり、「主回路」から流れ込む電流を制御することで他の回路に電力を与えたの回路の動作を行うために存在します。

その為、「制御回路」気候が損傷した場合、その区画に電力を送る機能が損なわれるため、家電であれば一部機能が使用できなくなるという問題が生じるのです。

「制御回路」の使い方

「制御回路」の使い方は、「主回路」から電力を受け取り他の回路に与える役割に使用します。

この時、他の回路にも役割を与えることで家電であれば機能を拡張することができるのです。

例を挙げますと、タイマー機能などは扇風機であれば扇風機を回すという回路と別に時間になったらどう動くという回路を用意することでタイマー機能を付与することが可能で、タイマー機能の回路を別の回路とする場合、「制御回路」が必要となります。

「主回路」と「制御回路」の違い

「主回路」は電流が流れ込む元でこの回路が損傷すると各回路に電力を送り届けることはできないです。

一方、制御回路は、「主回路」から電力を受け取ることで機能を生かすことができるため、両者の違いは電流が流れ込む起点であるか、別の役割が与えられているかです。

さらに言えば、「主回路」は一つであることが原則で電流が流れ込む場所は一つですが、「制御回路」は複数存在しても問題はなく、その理由は「制御回路」は電力を制御し管理する役割であるため複数の存在が許されます。

これを、「主回路」を複数とした場合、電流が流れ込む起点が複数存在することとなり、回路は複雑化され、電流同士がぶつかるという問題が生じ、回路は意味をなさなくなります。

回路の原則は電流がぶつかり合うことを許してないため、一つの道筋から複数の「主回路」があるのは望ましくないのです。

まとめ

「主回路」「制御回路」に違いですが、「主回路」は電流が流れ込む元でこの回路が損傷すると、各回路に電力を届け出ることができなくなり、原則「主回路」は一つです。

しかし、「制御回路」「主回路」から来た電力を受け取り制御することが役割なので複数存在することが許されており、違いは複数存在することができるかどうかでもあります。

また、「制御回路」は条件を付けて動作をすることも可能で例を挙げれば、タイマー機能のような何分後にどうなるという条件を付けて「主回路」上に分岐させることも可能です。

ただし、「主回路」事態を分岐させることはできず、「制御回路」をはさむ必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典