スポンサーリンク

「乗り越える」と「乗り超える」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「乗り越える」と「乗り超える」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「乗り越える」「乗り超える」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「乗り越える」とは?

「乗り越える」の意味は以下の通りです。

1つ目は、「ある境の上からその先に行くこと」という意味で、ある地点や時の境目まで来た時に、そこの上から先に進ことを言います。

2つ目が「あるものごとの程度より上を行くこと」という意味で、あるものごとの定められた、または予想される範囲や程度の上を行くことを言います。

上記に共通するのは「ある位置を上乗りする様に進む」という意味です。

「乗り越える」の使い方

「乗り越える」は、動詞「乗る」の連用形に、動詞「越える」が組み合わさった言葉で、「ある境の上からその先に行くこと」「あるものごとの程度より上を行くこと」という意味で使われます。

動詞として「乗り越える・乗り越えた」と使われたり、副詞として「乗り越えて」と使われたりします。

「乗り越える」「乗り超える」の違いは「越・超」の違いにあります。

基本的に、「乗り越える」はある地点に達した時に、そこに上乗りする様に進む時に使われる言葉です。

「乗り超える」とは?

「乗り超える」の意味は以下の通りです。

1つ目は「ある数値の範囲以上になる」という意味で、ある一定の基準・数値・範囲から抜けてそれ以上になることを言います。

2つ目は「非常に努力して苦境を脱すること」という意味で、精神的・肉体的に非常に困難な状況で努力して抜け出ることを言います。

上記に共通するのは「一定の基準を突破する」という意味です。

「乗り超える」の使い方

「乗り超える」は、動詞「乗る」の連用形に、動詞「超える」が組み合わさった言葉で、「ある数値の範囲以上になる」「非常に努力して苦境を脱すること」という意味で使われます。

動詞として「乗り超える・乗り超えた」と使われたり、副詞として「乗り超えて」と使われたりします。

基本的に、ある基準に達した時に、そこより抜き出て上や先に進む時に使われる言葉です。

「乗り越える」と「乗り超える」の違い

「乗り越える」は、「ある地点に上乗りして進むこと」という意味です。

「乗り超える」は、「ある基準より抜き出て上や先に進こと」という意味です。

「乗り越える」の例文

・『何とかして今日中にこの山を乗り越えたい』
・『冬を乗り越えれば楽になる』
・『国境を乗り越えて信頼関係を結ぶ』
・『苦境を乗り越えてこそチームワークが養われる』

「乗り超える」の例文

・『常識の壁を乗り超えた様なアイデアだ』
・『体力の限界を乗り超えてやり遂げた』
・『自分の弱点を乗り超えて成功させた』
・『今までの記録を乗り超えるほどのヒット商品だ』

まとめ

今回は「乗り越える」「乗り超える」について紹介しました。

「乗り越える」「ある地点より上乗りして進む」「乗り超える」「ある基準より抜き出て進む」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典