スポンサーリンク

「乗り遅れる」と「乗り損なう」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「乗り遅れる」と「乗り損なう」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「乗り遅れる」「乗り損なう」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「乗り遅れる」とは?

「乗り遅れる」とは、乗ろうとした乗り物に時間が間に合わなかったり、遅れたりして乗れなかったと事を意味します。

乗り物にのれなかった理由が、主に時間に関係していた場合、「乗り遅れる」となります。

「乗り遅れる」の使い方

「乗り遅れる」は、乗ろうとしていた乗り物に時間が間に合わなかったりして乗れなかった際に使用される言葉です。

ですので「寝坊して電車に乗り遅れた」など、主に時間が関係して乗れなかった場合に使用されます。

「乗り損なう」とは?

「乗り損なう」とは、なんらかの理由によって乗り物に乗れなかった時に使う言葉になります。

乗り物に乗れなかった理由については問われません。

ですので上述した時間の都合で乗れなかった際にも「乗り損なう」になります。

「乗り損なう」の使い方

「乗り損なう」が使用されるのは、何らかの理由によって乗り物に乗れなかった際に使用されます。

その理由は問いませんので、上述した「乗り遅れる」のように時間の都合で乗れなかった際も「乗り損ねる」は使用できます。

他の使用例としては、電車が来ている事に気付かず乗れなかった際などに「乗り損ねる」と使用されます。

「乗り遅れる」と「乗り損なう」の違い

「乗り遅れる」「乗り損なう」の違いは、乗り物に乗れなかった理由に時間が関係しているかどうかという点です。

時間の都合でのれなかった際には「乗り遅れる」が使用され、時間を含めたそれ以外の理由で乗れなかった際には「乗り損ねる」が使用されるという事です。

「乗り遅れる」の例文

・『朝寝坊してしまい、バスに乗り遅れた』

・『列車の発車時間を勘違いしていたため、乗り遅れてしまった』

・『私は出かける準備に時間がかかるため、何度も地下鉄に乗り遅れている』

「乗り損なう」の例文

・『目的のバスに乗車しようとする客が多すぎて、後ろの方に並んでいた私は満車により乗り損ねてしまった』

・『乗るべき電車を間違えて、本来乗らなければならない電車に乗り損ねた』

・『都会の地下鉄は乗り場が複雑で、ホーム内で迷ってしまい電車に乗り損ねた』

まとめ

「乗り遅れる」「乗り損ねる」はどちらも、目的の乗り物に乗れなかった場合に使われる言葉です。

両者の違いは、乗れなかった理由に時間が関係しているかどうかという点です。

ですので、時間にルーズな人は主に「乗り遅れる」を使用する事になります。

一方、「乗り損ねる」は時間も含めたそれ以外の理由で、乗りたかった乗り物に乗れなかった場合に使用されます。

もちろん時間が理由で乗れなかった場合にも「乗り損ねる」は使用されますので、「乗り損ねる」「乗り遅れる」は同じ意味で使用される場合があるということになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典