「乱暴な言葉」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「乱暴な言葉」

乱暴な言葉には、色々な種類があります。

その中には使うと犯罪になってしまうようなものも多分に含まれているので、迂闊に使うものではありません。

しかし、世の中には何が悪いのかがよく分かっていない人も多く、簡単に犯罪に該当してしまう乱暴な言葉を使った為に逮捕されてしまうというケースもあるくらいです。

「乱暴な言葉」の意味

乱暴な言葉とは、人を馬鹿にしたり、傷付けたり、脅かすような言葉のことです。

「馬鹿」などといった比較的軽く使われる言葉から、脅迫めいた「どうなるのか分かっているな」などという言葉まで幅広い数があります。

人に馬鹿と言っただけで捕まってしまうようなことはまずありませんが、脅迫めいたものとなると話は別で、それだけで逮捕されてしまったり、刑罰の対象になる可能性まであります。

ネット上でそう発言したことで、実際に逮捕や刑罰にまで至ったことも少なくありません。

そこまでの内容ではなくても、人に対して乱暴な言葉を使うということ自体、感心されるものではありません。

「乱暴な言葉」の言葉の使い方

すぐに乱暴な言葉を使うような人とは関わらないに限りますが、時には自分がつい使ってしまうかも知れません。

そのような言葉を使ってしまったり、聞いたり、見掛けた時にそれがこの「乱暴な言葉」だと使うものです。

若い時にはそのような言葉が格好いいと勘違いして、つい使いがちになってもおかしくありませんが、それによって何かが起こり、後から後悔しても遅いというものです。

いい大人になった後も、時には使ってしまうことがあるかも知れませんが、その前に今一度、本当にそれを発しても(ネットなどに書くことも含めて)いいのか考えましょう。

「乱暴な言葉」を使った例文・短文(解釈)

乱暴な言葉を使った例文です。

その意味する言葉ではなく、「乱暴な言葉」という言葉自体を使っています。

「乱暴な言葉」の例文1

「あいつはすぐに乱暴な言葉を使うので、皆に嫌われているようだ」

乱暴な言葉をよく使う人は、基本的に好かれることはないでしょう。

本人にその自覚があればまだいいのですが、それがない場合が非常に厄介です。

誰かがそう指摘してあげることで、それによって改善されていく余地もありますが、「逆切れ」をされてしまっても困ることから、簡単にできるものでもないでしょう。

その為、そのような人の周りからは序々に人が離れてしまいます。

「乱暴な言葉」の例文2

「乱暴な言葉には冷静に対応するのが一番だ」

時には「売り言葉に買い言葉」状態となってしまい、乱暴な言葉の応酬になる場合もあるでしょうが、そんな時こそ冷静になることが求められます。

乱暴な言葉は激昂した時に使われることが多いですが、まずはそのような状態にならないことです。

相手がその状態だとしても、自分まで一緒に熱くならないように注意してください。

「乱暴な言葉」の例文3

「絶対に乱暴な言葉は使わないと約束して欲しい」

人によって乱暴な言葉の尺度は異なるので、このように人に諭す時には、この程度の言葉でも駄目だとまで言っておいた方がいいかも知れません。

人を揶揄する(からかう)程度の言葉だとしても、聞いた相手によっては乱暴だと思うこともあるからです。

普段からそういった言葉が多い人の場合には、特に気を付けないといけません。

「乱暴な言葉」の例文4

「乱暴な言葉が格好いいと思っているようでは、まだまだ子供だ」

先にも書きましたが、若い人には多い勘違いです。

そんな言葉ばかり使っていると、大人からは出来の悪い子供にしか見えません。

また、自分だけでなく、その家族などにも迷惑が掛かってしまう場合も多々あるので、若いうちから気を付けるに越したことはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典