スポンサーリンク

「了解しました」と「承知しました」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「了解しました」と「承知しました」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「了解しました」「承知しました」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「了解しました」とは?

「了解しました(りょうかいしました)」とは、「内容について理解しました・納得しました」を意味する「丁寧語」の表現です。

「了解しました」はビジネスにおいて「同僚・部下・目下の人」に使うことができる表現ですが、「上司・取引先(顧客)・目上の人」には使うべきではないとされています。

「承知しました」とは?

「承知しました(しょうちしました)」とは、「内容について理解して承りました・分かって引き受けました」を意味する「謙譲語」の表現です。

「承知しました」は相手に対してへりくだる謙譲語の表現であるため、ビジネスにおいて「上司・取引先(顧客)・目上の人」に敬語として使うことができます。

「了解しました」と「承知しました」の違い!

「了解しました」「承知しました」の違いを、分かりやすく解説します。

「了解しました」「承知しました」はどちらも「内容について分かりました」を意味していますが、「了解しました」「謙譲語」ではなく「(聞き手への)丁寧語」になるため、ビジネスシーンでは「上司・目上の人・取引先(顧客)に使うべきではない」とされています。

「承知しました」のほうは、「内容について理解して承りました・知って引き受けました」を意味する「謙譲語」であるため、「上司・目上の人・取引先(顧客)に対する敬語として使うことができる」という「了解しました」との違いがあるのです。

本来、「了解致しました」にすれば「目上の相手」に使っても問題ないのですが、ビジネスマナーで「了解の言葉を目上の相手に使うべきではないという敬語の使い方・考え方」が普及してしまったため、「了解」ではなく「承知」を使ったほうが無難です。

まとめ

「了解しました」「承知しました」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「了解しました」とは「内容について理解しました・丁寧語」「目上の人・顧客などには使わないほうが良いとされる」を意味していて、「承知しました」「内容について知って承りました(引き受けました)・謙譲語」「目上の人・顧客に使う時の敬語とされる」を意味している違いがあります。

「了解しました」「承知しました」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典