スポンサーリンク

「事実」と「現実」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「事実」と「現実」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「事実」「現実」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「事実」とは?

「事実」「じじつ」と読み、の意味は以下の通りです。

1つ目は「実際に起こったこと」という意味で、現実にそのことがらが生じたと証明されることを言います。

2つ目は「哲学用語で、ある経験として認められる存在や出来事」という意味で、偶然その時にその状態で起こり得ることがらを言います。

3つ目は「本当に」という意味で、実際にそうであることを言います。

上記に共通するのは「実際のことがら」という意味です。

「事」「こと」とも読み「ことがら」「出来事」という意味、「実」「みのる」とも読み「そらごとではない」「本当のことがら」という意味、「事実」「そらごとではない出来事」になります。

「事実」の使い方

「事実」「実際に起こったこと」「哲学用語で、ある経験として認められる存在や出来事」「本当に」という意味で使われます。

名詞・形容動詞として「事実だ・である」と使われたり、副詞として「事実~である」と使われたりします。

基本的に、実際に発生したものごとや、実際にそうであると言い切れるものごとに使われる言葉です。

「現実」とは?

「現実」「げんじつ」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「実際に目の前に現れているものごとや状態」という意味で、人の空想や理想の対義語になります。

2つ目は「実際に存在していること」という意味で、今正にそうなっている状態を言います。

上記に共通するのは「実際に自分が経験する」という意味です。

「現」「あらわれる」とも読み、「今」「まのあたり」「実際の」という意味、「現実」「そらごとではない目の当たりのこと」になります。

「現実」の使い方

「現実」「実際に目の前に現れているものごとや状態」「実際に存在していること」に使われます。

名詞・形容詞として「現実だ・である」と使われたり、形容詞として「現実の」と使われたり、副詞として「現実に」と使われたりします。

基本的に、実際に自分が経験している状態に使われる言葉です。

「事実」と「現実」の違い

「事実」「実際に発生したり、実際にそうであると言い切れるものごと」という意味です。

「現実」「実際に自分が経験している状態」という意味です。

「事実」の例文

・『それについては事実とは食い違う部分がある』

・『調査を進めていくうちに意外な事実が判明した』

・『事実彼女とは会ったこともないし名前も知らない』

・『事実は小説より奇なり』

「現実」の例文

・『君はもっと現実を見て行動した方がいい』

・『プロになりたいという長年の夢が現実になるとは思わなかった』

・『現実はそんなに甘くないから真面目に勉強しなよ』

・『非常に残光なことを言う様だが、これが現実だ』

まとめ

今回は「事実」「現実」について紹介しました。

「事実」「実際に発生したことがら」「現実」「実際の状態」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典