スポンサーリンク

「事実婚」と「内縁」の違いとは?分かりやすく解釈n

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「事実婚」と「内縁」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「事実婚」「内縁」は、一体どの様に違うのでしょうか。

定義や例文等についても紹介します。

スポンサーリンク

「事実婚」と「内縁」の違い!

「事実婚」「内縁」の違いについて紹介します。

違い

結論から言って、「事実婚」「内縁」は同じ意味です。

「事実婚」「内縁」とは、「男女が生計を同じく生活をしていて、婚姻の意思があること」という意味です。

明確な違いはなく、その時の状況により使い分けをしているだけです。

「事実婚」「内縁」とは

「事実婚」「内縁」の定義は以下の4つになります。

1つ目は「お互い婚姻の意思を持っている」という点で、単なる「同棲」ではなく結婚したいと思っている事を言います。

2つ目は「生計を共にしている」という点で、夫婦と同じ生活をしていることを言います。

3つ目は「公的手続きをしている」という点で、住民票などに「未届けの妻」と表記していることを言います。

4つ目は「子供を認知している」という点です。

「事実婚」を使った例文と意味を解釈

「彼等は事実婚であり、公的な場所にも堂々と二人で出かけている」

既に夫婦同然の生活をしていて、会社のパーティーなどにも同伴させたりして、他人にも「パートナー」として紹介していることを表しています。

「内縁」を使った例文と意味を解釈

「内縁の妻なので同じ苗字を名乗れない」

一緒に暮らしていて夫婦同然なのですが、入籍していない為に、別姓のままでいなければならないことを表しています。

まとめ

「事実婚」「内縁」は、同じ意味の言葉です。

その時の雰囲気や好みにより使い分けても問題ありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典