「二日酔い」と「悪酔い」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「二日酔い」と「悪酔い」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お酒が好きな方は、「二日酔い」「悪酔い」に苦しむことがあるのではないでしょうか。

この記事では、「二日酔い」「悪酔い」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「二日酔い」とは?

「二日酔い」には、酒の酔いが翌日まで残り、頭痛・吐き気・めまいなどによって気分が悪い状態のことという意味があります。

類語は「悪酔い」です。

二日酔いの原因は、翌日までに肝臓で分解し切れないほどのアルコールを摂取することです。

摂取したアルコールは、肝臓でアセトアルデヒドに分解され、さらに酢酸に分解されて、酢酸が全身を巡って、最終的に水と二酸化炭素になり、尿や汗、呼気として排泄されます。

二日酔いは、アセトアルデヒドがお酒を飲んだ翌日にも残ってしまうことによって引き起こされます。

「悪酔い」とは?

「悪酔い」には、酒に酔って気分が悪くなること、酒に酔って人に絡んだり暴れたりすることという意味があります。

類語は「二日酔い」です。

酒によって気分が悪くなってしまう原因は、「二日酔い」と同じです。

「二日酔い」と「悪酔い」の違い

「二日酔い」「悪酔い」には、酒によって気分が悪くなることという意味があります。

違いは「二日酔い」は酒を飲んだ翌日のことを指し、「悪酔い」は酒を飲んだ当日も含まれることです。

また、「悪酔い」は酒に酔って絡んだり暴れたりすることという、二日酔いにはない意味を持っています。

まとめ

「二日酔い」「悪酔い」は同じ意味を持っていますが、特に「二日酔い」は酒を飲んだ翌日のことを指す言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典