スポンサーリンク

「交ざる」と「交じる」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「交ざる」と「交じる」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ぱっと見は同じような言葉でも、使われ方が微妙に変わるものもあります。

この記事では、「交ざる」「交じる」の違いを分かりやすく説明していきます。

日本語のスペシャリストを目指していきましょう。

スポンサーリンク

「交ざる」とは?

交ざる(まざる)とは、ミックスされること。

区別が難しいくらい、一緒になっていることです。

2つ以上のものが混じり合って、見分けがつかない時によく用います。

「交ざる」「交」という漢字が使われていますが、意味としては「混ざる」と同じ意味合いになります。

混ざるには「にごる・区別がつかなくなる」というニュアンスがあります。

つまり独立していたものが一緒になって、判別がつかなくなってしまうことを「交ざる」と表現しているのです。

具体的な例をあげると、しらたま粉と片栗粉が交ざる。

どちらも白い粉なので、目をこらしても違いが分かりません。

また同学年のクラスが交ざる。

こちらも同い年くらいの子どもが集まると、見分けがつかないので「交ざる」です。

「交じる」とは?

交じるとは、別の種類がはいって来ること。

異なるものが、一緒になることです。

区別がつくものが、それぞれ同じ空間にいることを指します。

「交じる」「入り混じる」と同じような意味でつかいます。

それまで桃組のグループで遊んでいた子が、新しくレンゲ組のグループに加わるような用語です。

メンバーになったり参加したり、馴染んでとけこむ様子をあらわしています。

例としては「白鳥の群れにカラスの子が交じる」「休み時間になって、6年生の集団に1年生が交じる」などがあります。

遠くから見ても、区別がつきやすい時に「交じる」が用いられます。

「交ざる」と「交じる」の違い

どちらも同じように見えるため、日常生活で誤りやすいフレーズです。

「交ざる」「交じる」の違いを、分かりやすく解説します。

・区別できるか、できないか
交ざるも交じるも、交通や交番でおなじみの「交」が使われています。

経験ある大人でも、意識しないと区分けしづらい言葉です。

「交ざる」は2つのものが、同じ空間に溶けてしまった様子。

どちらもとても良く似ているため、一緒になると区別がさらにできなくなります。

それに対して「交じる」は、区別ができる自立したもの同士が、同じ空間に溶けこむこと。

それぞれ個性的な特徴があるので、一緒の環境にいても見分けがつきます。

区別ができないほどまじり合っている物は「交ざる」

容易に区別ができる物を「交じる」

そう理解しておくと分かりやすいです。

まとめ

「交ざる」「交じる」の違いを、分かりやすくお伝えしました。

どちらも同化する、一緒くたになることです。

ただ表し方に、微妙な違いがあります。

「交ざる」は似たもの同士が、同じ空間に混じってしまうこと。

「交じる」は性質の異なるものが、一緒になることです。

「交ざる」は料理の言葉として。

「交じる」は人の触れあいに使用されます。

きっちり区別して日本語の上級者へ、ステップアップしていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典