スポンサーリンク

「交換」と「変更」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「交換」と「変更」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「交換」「変更」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「交換」とは?

何かを取り換えることを意味する「交換」

そのため、「交換」を行うためには、お互いに「交換」可能なものを持っておく必要があります。

「交換」とは、お互いの間で何かを取り換えることで初めて成立する行為で、自分のものを誰かと取り換える行為を意味しています。

「交換」の使い方

「交換」を用いた言葉はたくさんあります。

例えば、友達同士などで日記のやり取りを行うことは「交換日記」

お互いの意見を話すことを「意見交換会」

仕事で名刺の受け渡しを行うことを「名刺交換」

お互いの国の生徒を取り換え学ばせることを「交換留学」

このように、何と「交換」するのかを示す使い方が多くなります。

「変更」とは?

決まっていることに対し変えることを意味する「変更」

以前に決めたこと、初めから決められていること、少し前に決まったこと、などいつ決まったことかということは問題ではありません。

今現在、決まっているものごとに対し変える行為を「変更」と言います。

「変更」の使い方

「変更」を用いた言葉はたくさんあります。

例えば、決まっていた予定を変えることを意味する「予定変更」「スケジュール変更」

車など今所有している名義から新しい所有者の名義に変えることを意味する「名義変更」

車を隣の車線に移動させる「車線変更」

このように、何を「変更」するのかを示す使い方が多くなります。

「交換」と「変更」の違い

何かを取り換えることを意味する「交換」

そのため、「交換」には、「交換」する何かと「交換」する相手が必要となります。

それに比べ、「変更」の場合は、相手は必要ありません。

決まっていることに対し変えるといった行為となるため、自分ひとりでも行うことができます。

その点において、「交換」「変更」には大きな違いがあると言えるのです。

「交換」の例文

・『小学生のころ、友達と行っていた交換日記が見つかり懐かしい気持ちでいっぱいです。』

・『初めて、意見交換会に参加し、人見知りの私は少しついていくことができませんでした。』

・『子供のころ、友達とカードゲームのカードを交換することが楽しみでした。』

・『初めて名刺交換したとき、やっと、社会人になることができた気がして嬉しかったです。』

「変更」の例文

・『免許取りたての頃は、車線変更が上手くできず、本当に困りました。』

・『予定を変更して頂きたいのですが、可能でしょうか。』

・『あまりにも態度が悪かったので、担当者を変更して頂きました。』

・『夫は、いつも、自分の都合だけで予定を変更してしまいます。』

まとめ

以上が「交換」「変更」の違いです。

これらの行為を行う際、必ず相手が必要なのが「交換」

そうでないのが「変更」と覚えておくとわかりやすく、これらの言葉を使用する際も使い分けに困ることはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典