スポンサーリンク

「交誼」と「厚誼」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「交誼」と「厚誼」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「交誼」「厚誼」どちらも「こうぎ」と読みます。

この記事では、「交誼」「厚誼」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「交誼」とは?

「交誼」とは、親しいかかわりのことを意味します。

「交」には交わる、「誼」は訓読みで「よしみ」と読み、親しい関係を意味します。

親しいといっても、友人として親しい、家族の仲がよい、職場の上司と親しいなど、さまざまな「親しい」の形があります。

「交誼」が意味する親しいは、友人としての親しいです。

そのため、目上の人に使うと失礼に当たります。

「厚誼」とは?

「厚誼」とは、厚いよしみ、情愛がこもったかかわりを意味します。

「厚」にはてあついという意味があります。

厚意、温厚などの言葉があります。

いつくしみのこもったかかわりを意味するので、目上の人に使っても失礼にはあたりません。

お世話になっている人に対して使われることもある言葉です。

「交誼」と「厚誼」との違い

「交誼」「厚誼」はどちらも「こうぎ」と読み、どちらも「誼」という漢字を使用していますが、意味は少し違います。

「交誼」の場合は「親しい」に焦点を当てています。

主に親しい友人に対して使われる言葉です。

「厚誼」の場合は「情愛」に焦点を当てています。

目上の人であっても、親しく付き合っている場合に使われる言葉です。

まとめ

「交誼」「厚誼」は似ているようでもニュアンスが違う言葉です。

意味を理解せずに使用すると失礼にあたることがあるので注意が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典