「人工知能」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
IT用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「人工知能」とはどんなものか

IT進化時代の象徴として、様々なメディアで取り上げられることが多い人工知能。

簡単な会話を楽しむためのアプリから、高性能かつ大規模な機器制御システムなど、その活用フィールドは多岐にわたります。

ごく最近では、将棋・囲碁・チェスなどのテーブルゲーム戦術をプログラムされた対戦ソフトが、名だたる人間プロと互角以上に渡り合うなど、限りない可能性を見せつけている注目の分野です。

また、人間が携わってきた仕事を代わりにやらせるなど、新たな活用方法も模索されています。

「AI(artificial intelligence)」の略称でも有名です。

「人工知能」の意味

人工知能とは、あたかも人間の知能と同じような「言語理解や推論、状況判断など複雑で高度な処理」を可能にするプログラムを指す言葉です。

与えられた情報の抽出や整理など、限られた作業を高速・正確に行うような従来型のプログラムのことを、人工知能とは呼びません。

与えられた情報を展開させて「自身が持っていない情報を推理・生成するような処理の実現」に比重が置かれるもののみが、人工知能の呼称を与えられています。

「人工知能」という言葉の使い方

人工知能という言葉は、一般的には下記のような役割をもつプログラムを表す場合に使います。

・ある分野の問題において適切で最善な解決方法を提示できる(ゲーム対戦など)・文字や音声で入力された人間の言語を理解し、発言者の意図にふさわしい回答を導き出せる(人との会話)・画像や音声、位置などの情報を自動で収集・分析し、自身が取るべき最善の方法を模索する(自動運転や兵器運用など)これらは全て「プログラムの自律的な働き」を前提とするもので、自主性のあるプログラムと言い換えることもできるのです。

「人工知能」を使った例文

人工知能という言葉を具体的にどのように使うのか、例文に示します。

聞き覚えのあるカテゴリや言い回しなどがあるかもしれません。

未だ実験段階のものが多く、完全な実用化と普及には時間がかかるため、注目度の高い研究がクローズアップされやすいと言えるでしょう。

「人工知能」の例文1

「近年日本でも注目度が高まりつつある『e-スポーツ』で、人工知能がプロチームと対戦した試合が特に話題となっている。」

人間の瞬間的な判断力や長年の経験に培われた反応速度をプログラムに落とし込み、より素早く本能的な動きを見せる人工知能の開発にもフィードバックが期待できるトピックだと言えるだろう。

コンマ数秒の遅れが致命的な敗北に繋がるアクションゲーム分野でのデータ収集は、これに近い性質を持つ兵器制御システムの開発において、世界中の軍部が興味を持ち始める可能性も充分にあるだろう。

「人工知能」の例文2

「医療分野で人工知能のポテンシャルを活かすためには、高度な会話分析能力を活かしたメンタルケア分野での研究も欠かせないだろう。」

過去の症例や経過観察など膨大な資料を集めたデータベースとリンクさせることで、より客観的で治療効果が見込める解答例を導き出すことが可能だからだ。

一つの単語の行き違いで医師の努力が水泡に帰すことも多い精神科や心療内科など、より緻密で入念な配慮が求められる場面にこそ、人工知能の正確性を導入すべきだ。

「人工知能」の例文3

「人間が人工知能に仕事を奪われる日は来るのか」

こんな議論が近年活発になっている。

工場内でのルーチンワークや書類・帳簿関連の計算作業など、単純な仕組みの作業であればその可能性はきわめて高いと言える。

医師やホテルマン、高級レストランの給仕など、対面での思慮深い接客応対が要求される職種なら、心配するには時期尚早。

しかし今後さらなる人工知能の研究が進み、人間心理をかなり深くまで理解・分析する能力が実装されたら……そこから先は神のみぞ知る、といったところかも知れない。

「人工知能」の例文4

最近の若者は結婚を重要視しない、といった話をよく耳にする。 これに加え、いわゆるジェンダーの同性婚などが甘受される風潮も進む昨今、少子高齢化への不安が高まりつつあることも無視できない現象であると言えよう。

人工知能が高度な分析判断能力を駆使して最適な異性をマッチングする「婚活システム」が実現すれば、あるいはこうした懸念はたちどころに解消されるのかもしれない。

しかしこれを望む前に、まず同性同士の恋愛や結婚が人類にとってどのような利点や弊害をもたらすのか、説いて聞かせるシステムが必要となるだろうが。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
IT用語
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典