スポンサーリンク

「人情深い」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「人情深い」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、人情深いの意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

人情深いとは?意味

人情深いとは、他人に対して、自分のことのように心配してあげられる思いやりを持つ人という意味があります。

見知らぬ人でも、困っていれば優しい態度で声をかける慈悲深さのある人に対して使う言葉です。

また、悪いことをした者でも情けをかけ、許してあげられる懐の深さがあるその人柄を表す言葉になります。

この人情深い人は、周囲に嫌われている者にもわけ隔てなく接しますし、騙されても信用して待ってあげられる寛大な心を持ちます。

人情深いの概要

困っている人がいれば素通りできない人情深い人は、恩を感じればいつまでも忘れずに覚えておき、いつかお礼をします。

このような人は、人が悩んでいればその理由について聞き、一緒に悩み、解決する方法を考えられる優しさを持ち合わせているのです。

周囲は誰も手を出さないというのに、自分から進んで困っている人を助けるために行動し、解決しようと行動を起こす正義感に溢れた人でもあります。

また、自分のことのように他人を心配する気持ちがあるため、人に寄り添ってあげることもできます。

そんな人情深い人は、お金にならなくても積極的に参加して、ボランティア活動するほど活動的です。

そのため、多くの人から頼られ、信用と信頼を集めます。

人情深いの言葉の使い方や使われ方

他人ごとのようなふりはせず、思いやりを持って人に接するその行動を見せる人に対して「人情深い人だ」と使います。

まったく別の国に住む人が災害に遭えば心から心配し、なにか自分にやれることはないかとすぐに考えて、行動を起こす人にも当てはまる言葉です。

しかし、その情け深さが仇となり、人から騙されてしまうときは「人情深いところが仇となる」と気の毒な様子を表現します。

人情深いを使った例文(使用例)

・急にお腹が痛くなってしまった私を車に乗せて、病院に連れて行ってくれた女性は人情深い人だ。

・地震で被災した人たちが行き場を失い、路頭に迷っている姿を見て、情が深い彼はすぐに現地へ飛んだ。

・彼女は人情深いので見知らぬ人にお金を貸して騙されてしまう。

動けなくなっていたところ、まったく面識が無いというのに車にのせて、病院にまで送ってくれた人に対して感謝の気持ちを表すときに使える言葉です。

地震で被災した人が困っている姿に情けを感じ、これは見過ごすことはできないと現地へ行く決心ができます。

反対に、人情が厚すぎる人は頼まれると断れない性分であるため、お金を貸してしまい、騙されてしまうことがあるので気をつけましょう。

まとめ

頼られればなんとしてでも助けてあげたくなるのが人情深い人の性分です。

人一倍思いやりがあり、慈悲深さを併せ持つため、見てみぬふりができないところは頼りにされます。

そんな人情深さのある人を目指すなら、他人も幸せになってほしい、悩んでいれば耳を傾けられる人になってみるといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典