「人間見」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「人間味」

人はそれぞれ個性があり特徴を持つため、十人十色という言葉も存在します。

その中には機械的で淡々としている人もいます。

しかし中には感情豊かで人間らしいと表現される人もいます。

そんな人を「人間味がある」と説明することがあります。

しかし人間味という意味を正しく理解しておかないと、使い方を間違えたり誤解を生むこともあります。

人を表現する言葉はその人を表す代名詞にもなるため、失敗してトラブルにならないためにも正しい意味と使い方を理解しておく必要があります。

「人間味」の意味

「人間味」という言葉の意味として「人間らしい特徴を持つ」という意味を持ちます。

当然のことのように感じる方も多いですが、人の持つ温かさや思いやり・人らしい面白さ・感情の変化などがある人を表しています。

そのため「人間の持つ味わい」と言う意味を込めて「人間味」という言葉で表現されます。

「人間味」は少なからずは誰しも持っています。

その中でも特に強く相手に印象を与える場合に適応となります。

「人間味」の言葉の使い方

「人間味」という言葉は人間らしさを特に持つ人を表現する時に使われます。

そのため自分ではなく、他者に使われます。

多くは「あの人は人間味がある」とその人の特徴を伝える・表現する時に使われます。

そして「人間味」は良い意味で認識されることが多いため、使う相手に対して好意的な印象を持つときに用いられます。

しかし時には「あの人人間味がない」のように悪い意味で用いることもあります。

そして昔との比較にも使われるため、時期を問わず使用が可能です。

「人間味」を使った例文・短文(解釈)

「人間味」と言う言葉は相手の特徴を表す言葉の一つです。

使用する頻度も多いため、常識的な言葉としても認識されています。

使いやすい言葉だからこそ、間違って使ってしまい、誤解やトラブルを起こしかねません。

それを避けるためにも使い方の例文とその解釈を紹介します。

「人間味」の例文1

「あの人は感情豊かで人の思いにとても親身になってくれる。 人間味があって話していてとても楽しい」

この場合、「ある人」とされる人物の特徴を説明する際に「人間味」と言う言葉を使っています。

特徴として感情豊かで相手に対して思いやりにあふれている姿を「人間味」と説明し、好意を持って関わっていることを意味します。

「人間味」の例文2

「彼は昔は人間味あふれる人だったのに。 あの会社に就職してからどんどん変わっていったよ」

この場合、その人の特徴を「人間味」という言葉で表現し、昔と現在の比較として用いています。

変わったきっかけは就職であり、仕事に就いてからどんどん人間らしい特徴・以前は持っていた個性が失われており、残念に思うことを伝えています。

「人間味」の例文3

「人間味は誰しも持っているものです。 しかしどれくらい人間味があるかは個人差が大きく、人間味の特徴も様々です。 だからこそ味わいや個性が生まれます」

この場合、誰かの特徴を説明しているのではなく、人間味と言う言葉の意味や概念を説明しています。

人間味とは人の持つ個性を表した言葉であり、個人差が大きくからこそ一人一人の面白みがあると伝えています。

「人間味」の例文4

「私はいつもいろんな人から人間味があるって言われます。 どう人間味があるのか聞いても曖昧な答えが多いけど、言われてうれしいと感じます」

この場合、「私」とされる人物の客観的な評価に「人間味」と言う言葉が用いられています。

ここでの人間味は好意的な意味合いとして用いられております。

しかし「何がどう人間味があるかは伝えられない」ため抽象的な表現に使われています。

本人も自覚はあるが具体的に認識しているわけではありません。

しかし良い意味で用いられていることはわかっているため、どう人間味があるかはわからないが言われてうれしいと語っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典