スポンサーリンク

「今回」と「今般」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「今回」と「今般」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「今回」「今般」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「今回」とは?

「今回」は、こんかいという読み方をする言葉です。

文字を見れば分かる様に、現在や現代という意味を持つ今と、度数やひと区切りと言った意味を持つ回の字を組み合わせて出来た言葉となっています。

そのため今回は、このたびや今度という意味を持つ言葉となっているのです。

「今回」の使い方

「今回」は、今実際に行われている事を表したい時に使用される事が多い言葉となっています。

同時に現在に近い状態で行われたばかりの回を表す際にも、この今回という言葉を用いて表現する事が多く見られます。

例えば今回の会議と表現された場合には、今現在行われている会議か、或いは行われたばかりの会議のどちらかを示すという事です。

つまり使われ方は今現在か、少し過去の事に対してであり、未来の事を表したい時には用いられません。

「今般」とは?

「今般」は、こんぱんという読み方をする言葉です。

現在という意味を持つ今と、回やたぐいといった意味を持つ般の漢字を組み合わせて出来た言葉となっています。

なので、今度やこのたびといった意味を持っているのです。

対義語として、先般という言葉があります。

「今般」の使い方

「今般」は、現在進行中だったり、ごく最近行われたり決定されたばかりの事に対して使われる言葉です。

ただしこのたびという意味合いの言葉を、少し畏まった言い方で表現するための言葉となっています。

その様によそよそしさを感じさせる言葉であるため、友人同士の日常会話等に、この今般という言葉が登場する事はほぼありません。

「今回」と「今般」の違い

「今回」「今般」はどちらも、このたびや今度という同じ意味を持っています。

なので今回を今般に置き換えて使用する、といった使い方も可能だったりするのです。

この様に同じ意味を持つ2つの言葉ですが、違いもあります。

今回という言葉の方は日常会話の中でも、それなりに登場する一般的な言葉です。

ですが今般の方は日常会話で余り耳にしない事でも分かる様に、同じ意味でも畏まった表現となり、よそよそしさが出てしまいます。

「今回」の例文

・『今回の面接はかなり手応えがあった』

・『これまで多くの失敗を重ねて来たが、今回の実験は上手く行った』

・『今回の会議は議論が白熱している』

「今般」の例文

・『今般の大雨により、被災された皆様には心からお見舞い申し上げます』

・『今般の急な移転により、皆様にはお手数をお掛けしております』

・『今般の問題発覚を受け、しばらくの間業務を停止致します』

まとめ

2つの言葉は、同じ意味を持つ言葉として置き換えて使用する事も可能な言葉同士です。

ただし全く同じ意味合いの言葉かと言うとそうではなく、ニュアンスに違いがあります。

具体的には「今回」の方は一般的な言葉として、日常会話の中にも手軽に利用可能な言葉です。

一方の「今般」は畏まった表現であるため、日常会話に使用してしまうとよそよそしくなります。

なので親しい友人同士の日常会話では、今般という言葉は基本的に使用されません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典