スポンサーリンク

「介護福祉士」と「ヘルパー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「介護福祉士」と「ヘルパー」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「介護福祉士」「ヘルパー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「介護福祉士」とは?

「介護福祉士」は、国家資格で国家が責任を持ち対象となる者は介護というお仕事に携わるだけの知識と実績を持つことを証明されています。

つまり「介護福祉士」は、何らかの形で以前から介護に携わっていた人物が国家から免許を得ることができて、周囲の介護のお仕事に携わる人を指導する立場にある人です。

その上で、「介護福祉士」は公務員としても勤務が可能です。

「ヘルパー」とは?

「ヘルパー」は、介護の資格を任意団体が与えているにすぎません。

つまり、その仕事ができるというだけの証明で仕事についての責任は問われないです。

個々が問題であるポイントであると言われている部分で、ヘルパーを積極的に事業者が受け入れないのは、責任の追及を受けた場合、事業者側の責任になり、「ヘルパー」自体は責任を負わないことから問題視されています。

無論、「ヘルパー」が暴行を働いたり、故意で対象に対して損害を負わせるような故意で相手に対して何かをした場合は「ヘルパー」の責任になりますが、故意であるかが証明できない場合、事業者が責任を負うため、「介護福祉士」の方が就職においては優先されがちです。

「介護福祉士」と「ヘルパー」の違い

「介護福祉士」「ヘルパー」の違いは、国家資格で、業務者が責任を負える立場であるか、ただの団体が発行しているライセンスで仕事しているかです。

実は、「ヘルパー」は、業務で何かトラブルを起こしてもそれが故意でない場合、責任を負う立場になく、働いている会社側が責任を負います。

その為、「介護福祉士」の方が自己で責任を負うため、望ましい従業員であると言われているのです。

「介護福祉士」の例文

・『介護福祉士の国家試験を受ける』
この例は、介護に携わる仕事を可能とする国家資格を受けるという例です。

「介護福祉士」は国家資格で、試験を受けるに際しては、実務経験が必要で取得している視覚により実務経験が免除され試験を受ける資格を持つと判断します。

その為、無資格や実務経験が無い場合、介護施設で実務経験を積む必要があるのです。

「ヘルパー」の例文

・『ヘルパーはいわば民間の資格と変わらない』
この例は、介護の「ヘルパー」という資格は、民間と変わらないという例です。

何故そう言い切れるかですが、ライセンスを発行している団体が民間事業者であるためです。

まとめ

「介護福祉士」「ヘルパー」の違いは、国家資格であるか民間の資格であるかです。

その上で、「ヘルパー」は業務において故意であるというのが認められない場合、責任を負わないという点があります。

この部分が問題点でもあり、責任を取ってもらえる「介護福祉士」を優先するのはそうした理由からで、介護を事業としている物としては責任をきちんと取ることができる人材の方が確保したいという思惑があります。

要は、責任感という物が介護では重要で、「介護福祉士」は免許取得において責任感を重要としており、「ヘルパー」はそれが弱いのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典