スポンサーリンク

「仏頂面」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「仏頂面」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「仏頂面」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「仏頂面」とは?意味

「仏頂面」は、仏様の恐ろしい形相をした顔つきのことを意味し、元々は、仏様がものすごく恐ろしい顔をしていたことを述べています。

その恐ろしい顔をした仏様の様子を他人の顔つきのことを指すようになったのが、現在の「仏頂面」です。

よって「仏頂面」は、不機嫌そうな顔のことを現在では意味します。

「仏頂面」の概要

「仏頂面」というのは、阿修羅という神様の一つの顔だったり、シヴァ神やその奥さんのカーリー神の恐ろしい形相のことを意味し、これを「仏頂面」と呼び、とても恐ろしい顔であるとしていました。

というのも、仏教は、ヒンドゥーにイスラムなど多岐に至り神様が存在をしており、仏様も二面性があり、例えば、シヴァ神の奥さんは、平常時は、パールバティという心優しそうな女神ですが、ブチ切れるとカーリーという恐ろしい形相をした神に変化し、さらにブチ切れるとチャンディーやドベルガーという神様に変貌し、その名の通り怖い女神、近づきたくない神という具合に形相と名前まで変化します。

よって、「仏頂面」は二面性を持つ人物が恐ろしい顔をしている状態だともいわれているのです。

「仏頂面」の言葉の使い方や使われ方

「仏頂面」は、不機嫌そうな顔をしている人のことを指すために使用します。

「仏頂面」を使った例文

・『彼女はいつまで仏頂面なの?』
この例は、彼女と言われている女性がいつまで不機嫌そうな顔なのか?という例です。

仏頂面は、不機嫌そうな顔で、2面制がある人物が見せる不機嫌そうな顔のことを意味します。

・『鬼の形相のような仏頂面だ』
この例は、鬼のような顔をしている不機嫌な顔だという例です。

「仏頂面」は不機嫌な様子で、2面制の一つで怒りに満ちている状態を意味します。

よって、この例では、「仏頂面」でいる人物は何らかの原因で怒りに満ちているのです。

まとめ

「仏頂面」は、要は、人間に2面制があり、ものすごく怒りに満ちている顔を「仏頂面」と呼んだわけです。

というのも、宗教に出てくる神様自体も大抵の神様が2面制があり、平常時は優しい顔だったり普通の顔であるのですが、怒りに満ちると途端に恐ろしい顔をして威嚇をしたうえ名前まで変化しますので「仏頂面」とは、あり得ないぐらい顔つきが変わることを意味します。

逆に、怒りに満ちていると分かるが、それほど顔に変化が無いのは、「仏頂面」ではないです。

無論、不機嫌そうに見えれば、「仏頂面」と呼びますが、どちらかというと膨れっ面という方が不機嫌そうだというイメージが強く、「仏頂面」は、どちらかというとイメージにおいては無表情という感じが強いです。

ただ、実際には、「仏頂面」は、不機嫌な顔で無表情という顔では無い上、元々は神様が完全にブチ切れて恐ろしい顔をしている様子を指していましたので、「仏頂面」は、本当の意味においては、ブチ切れて鬼の形相になっている状態を意味します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典