「仕事」と「作業」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「仕事」と「作業」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「仕事」「作業」の違いを分かりやすく説明していきます。

「仕事」とは?

「仕事」の意味と使い方について紹介します。

「仕事」の意味

「仕事」「しごと」と読みます。

意味は「何かを作り出したり、成し遂げるために行動すること」「生計を立てる為に従事する職業」「ある人がしたことや結果」「悪事を企んだり実行すること」「力学用語で力の成分と移動距離との積」になります。

「仕事」の使い方

「仕事」には様々な意味がありますが、主に日常で使うのは以下の3つです。

1つ目は「何かを作り出したり、成し遂げるための行動」という意味で、その人が持ってやり遂げるべきとされている事柄で、「仕事ができる」「仕事が早い」などに使われます。

2つ目は「生計を立てる為の職業」という意味で、「仕事を探す」「仕事に就く」などに使われます。

3つ目は「ある人がしたことや結果」という意味で、「いい仕事をした」などに使われます。

「仕事」は、人が何らかの目的を持ってする活動のことで、その人に課せられたものという意味で広く使われる言葉です。

「作業」とは?

「作業」の意味と使い方について紹介します。

「作業」の意味

「作業」「さぎょう」と良みます。

意味は「手順が決まっている仕事」「手技または知識を使ってする仕事」になります。

「作業」の使い方

「作業」は、仕事をする上で、やり方が決まっていて、こうするべきという手順があるものを言います。

「作業マニュアル」など、目的や計画がはっきりとしていて、何をどうするという流れも決まっていることを言いいます。

誰がやっても同じ様にできること、その結果になるべきものごとに対して使われます。

具体的には、「倉庫で品物を所定の場所に運ぶ」「請求書をチェックする」「枚数を数える」など、その都度やり方が変わるのではなく、ある技術や知識を持って一定の速度で進められるものを言います。

「仕事」をする上での一つの段階ややり方と言って良いでしょう。

「仕事」と「作業」の違い!

「仕事」「人が何らかの目的を持ってする活動のこと」です。

「作業」「定められた手続きに従い、結果を出す為にする活動のこと」です。

まとめ

今回は「仕事」「作業」の違いをお伝えしました。

「仕事は価値を出すもの」「作業は手順が決まっていること」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典