スポンサーリンク

「仕様」と「設計」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「仕様」と「設計」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビジネス分野で概要を具体的にする時に使われる言葉には「仕様」「設計」があります。

この2つの言葉はプログラミングやITの分野でよく使われるのですが、一般的なビジネス用語として覚えておくと役に立つことが多いので覚えておくのがいいでしょう。

この記事では、「仕様」「設計」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「仕様」とは?

「仕様」とは主に作られるプロダクトや目標に対する大まかな概要を示す時に使われます。

目標やあるべきゴールを示す時に包括的な項目として機能、性能、品質、材質、製造方法などを記載したものを「仕様書」と呼び、こちらはプログラミングやIT分野の他にも色々なビジネス場面で使われることが多いのが特徴です。

より具体的な図面は通常「仕様」という言葉は使われません。

より一般的な「仕様」の意味としては、やり方や物事を進行する際の方法というものがあります。

「仕様」の使い方

「仕様」という言葉はビジネスシーンで多く使われますが、主に「仕様書」という書面で用いられることが多いのが特徴です。

またアプリやソフトの説明書と一緒に性能や機能を表示する際に「仕様書」が使われることもあります。

「設計」とは?

「設計」とはプログラミングや建造物などのプロダクトに対して、具体的な図面を起こす際に使われます。

材料や制作方法などを具体的に表示するために、「設計書」「設計図」などは色々なビジネスシーンで書面として作成されます。

「設計」は日常的な使い方もされる言葉であり、計画を立てることを示します。

「設計」の使い方

「設計」は具体的な図面に示す工程であり、「仕様」でイメージを立てた後になされる工程であるのが特徴です。

「仕様」と「設計」の違い

「仕様」は大まかなイメージであることが多いのですが、「設計」に関しては主に図面のような具体的なものに対して使われます。

これらはビジネスシーンでの「仕様書」「設計書」のように区別して使われることが多いので、区別しておかないとミスを引き起こす可能性があります。

ビジネスシーン以外の「設計」は一般的な計画という意味で使われるため、抽象的なものも含みます。

「仕様」の例文

・『ビジュアルに訴える仕様書を作ることでアピールしようと思っている』

・『そのゲームで発生したバグは、開発によって仕様ということで説明されたのは驚きだ』

・『仕様は初動でイメージを決めるものであり、ブレインストーミングの会議が有効である』

・『仕様書を協議するのは最近だとオンラインミーティングでやっているので、かなり捗っている』

「設計」の例文

・『マンションの設計に一から関わることになった』

・『高層ビルの設計書を見せてもらったのだが、圧倒的なクオリティに感動した』

・『終活の設計することが今ブームらしく、時代は変わったのだなと思いました』

・『仕様書よりも具体的な工程を書く設計書の方が書きやすい思う』

まとめ

「仕様」は大まかなイメージを示す時に使われることが多く、その後具体的な工程や図面を作成する際には「設計」が使われます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典