「企画」と「計画」と「企図」の違いとは?英語の違いも分かりやすく解説

スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「企画」とは?

「企画」(きかく)とは、何かについて道筋を立て、具体的に考案することです。

「新製品の企画」と言えば、その新製品について、具体的にどのような物を作るのかという内容について、考案することとなります。

この「考案する」ことには、案を工夫して出すという意味があります。

企画することは、その「工夫」まで意味に入っていると考えてください。

「計画」とは?

「計画」(けいかく)は、上の「企画」とよく似ており、何かについて「企画」した内容を指す言葉です。

つまり、新製品についてのこれらの使い方を例に挙げると、まず「企画」から入り、それが固まったところで生産の「計画」に移すという流れになります。

つまり、何かを生み出す際には、まず「企画」から入るということです。

混同されて使われることも多い言葉同士ですが、厳密にはこのような違いがあります。

「企図」とは?

企図(きと)は、上の「企画」「計画」と比べると、あまり見聞きしない言葉かも知れません。

意味は、「企画」とほとんど一緒で、やはり「計画」までの前の段階について表現する言葉です。

その「企画」より「企(くわだ)てる」というイメージが強く現れている為、意味こそ「企画」とほとんど変わらないながら、製品などに対して使うより、「今の組織からの独立を企図している」などと使われることが多い言葉です。

「企画」と「計画」の違い

「企画」は、何かを「計画」することだと表現される場合がありますが、それでは実質的に「計画」と一緒になってしまいます。

元々、それほど意味に違いがある言葉ではありませんが、上にも挙げたように、「企画」から入り、「計画」に移行するという流れが自然です。

「計画」には、「企画」の意味も含んでいると考えても構いません。

「企画」と「企図」の違い

この2つの言葉については、意味はほとんど一緒です。

ただし、「企図」は何かを行う(予定)という場合に使う言葉で、先の例のように、「製品の企画」とは言っても、「製品の企図」とはまず使いません。

このように、行動に対しては「企図」で、何かを作るような時には「企画」だと覚えておくといいでしょう。

この2つの言葉は、対象による使い分けが必要になると考えておきましょう。

「計画」と「企図」の違い

「計画」は、「企画」の意味を含むことだと書きましたが、その「企画」と意味としてはほとんど変わらない「企図」の意味も含んでいると考えていいでしょう。

その為、「計画」は幅広く使える言葉です。

挙げてきた例に当てはめてみると、製品の生産の「計画」という使い方から、「独立の計画」と使っても問題なく、あらゆる「企画」(「企図」)の意味を合わせて表現できるすることができます。

「企画」と「計画」と「企図」は英語で違いがある?

この「企画」「計画」「企図」の3つの言葉は、英語では、全て“plan”、もしくは“planning”と表現されます。

“plan”という言葉の意味として、一番に挙げられるのは「計画」ですが、「企画」という意味で使うことも普通にあり、それらを行う時には“planning”という形にして使っています。

「企図」は日本語独特の表現だと言えるので、“plan”の意味として挙げられることは少ないのですが、意味が「企画」とそう変わらない為、これも“plan”で表現できると考えていいでしょう。

“Planning a new product.”とすると、「新製品の計画(企画)を行う」という意味になります。

“plan independence”なら、「独立の計画(企図)」と訳すことができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典