スポンサーリンク

「休み」と「休憩」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「休み」と「休憩」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「休み」「休憩」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「休み」とは?

「休み」「やすみ」と読み、日常で使う場合は以下の4つの意味になります。

1つ目は「身体を休めること」という意味で、「ひと休みする」などと言います。

2つ目は「期間や日にち、時間を決めて活動を止めること」と言う意味で、「土日は会社が休みだ」などと言います。

3つ目は「欠勤や欠席すること」という意味で、「風邪で会社を休む」などと言います。

4つ目は「寝ること」という意味で、「ベッドで休む」などと言います。

上記に共通するのは「人が活動を停止・休止して身体への負担を回復させること」という意味です。

「休憩」とは?

「休憩」「きゅうけい」と読みます。

意味は「労働時間中に与えられる休み時間のこと」です。

労働基準法では、使用者は労働者に対して、一定時間の休みを与えなければならず、これを「休憩時間」と言います。

ここから転じて「何かの目的で作業や行動をしている時に休むこと」に対しても使われています。

「練習の途中で休憩時間がある」「次のサービスエリアで休憩しよう」などと言います。

「休み」と「休憩」の違い!

「休み」「人が活動を停止・休止して身体への負担を回復させること」です。

「休憩」「何かの目的で作業や行動をしている時に休むこと」です。

まとめ

今回は「休み」「休憩」の違いをお伝えしました。

「休みは身体を休めること全般」「休憩は作業や行動の途中で休むこと」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典