スポンサーリンク

「休憩」と「宿泊」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「休憩」と「宿泊」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「休憩」「宿泊」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「休憩」とは?

休むこと。

休みを指す言葉で、労働基準法34条にて、休憩時間は「一日の労働時間が6時間を超え、8時間以下の場合は少なくとも45分、8時間を超える場合は少なくとも1時間の休憩を与えなければならない」という定められています。

オフィスの休憩スペースでは飲食に必要なテーブルなどの設備とリラックスできる空間が求められます。

観光地の休憩スポットは軽い飲食とリラックスできる椅子などが必須で、休憩目的以外では観光案内などを拡充させています。

ホテルの休憩は宿泊ではない利用形態で、60分から180分程度の時間室内設備が利用でき、宿泊よりも料金が安くなっています。

就寝すること自体は可能ですが、時間内に限られており、宿泊利用は24時間の間の指定された時間を使えるホテルも存在しています。

宝くじや金券ショップなど、ひとりで運営する形態の店では休憩時間中は店を一時的に閉めており、休憩が終わると再開される方式です。

「宿泊」とは?

宿をとること。

自宅以外の家に泊まることを指す言葉で友達の家や親戚の家で泊まっても宿泊となります。

泊まるという言葉の意味は旅先や外出先、勤務先などで就寝することを含め夜を過ごすという意味合いになります。

宿泊施設には営業上の定義があり、カプセルホテルやライダーハウス、リゾートホテルまで必要定義を満たしたものとなっています。

施設的には宿泊施設と同等のものを備えている寝台列車や客船、漫画喫茶などは宿泊施設として営業はしていません。

(夜行バスも就寝できるものの設備的にも宿泊施設ではない)宿泊施設では1泊2日から始まり一定期間泊まり続けることができます。

ただし24時間宿泊施設にいることはできないケースが多いです。

なお、24時間勤務での勤務地に睡眠設備が必要となります。

「休憩」と「宿泊」の違い

「休憩」「宿泊」の違いを、分かりやすく解説します。

大まかに分けると「休憩」は休むこと、「宿泊」は泊まることとなり、ホテルでもホテル側が設定した3時間程度までの休憩はできますが、観光地や会社内にはスタイルは違うものの休憩スペースが用意されているケースが多くなっています。

少なくとも座って休むことが休憩には必要でしょう。

宿泊はホテルなどの宿をイメージしやすいですが、友達の家など自宅以外の家に泊まることも指します。

基本的に休憩では一夜を過ごす、翌日になるということはないのが大半ですが、宿泊では確実に一夜を過ごすことになります。

なお、8時間を超える労働を行う場合は1時間休憩を取らなければならないと労働基準法で定められています。

まとめ

「休憩」「宿泊」はホテルだけを見ると利用時間の違いと言うことができますが、言葉としての意味では短時間であっても休むことを休憩、一夜を自宅以外で過ごすことを宿泊と呼びます。

なお、宿泊施設は旅館業法などで分類されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典