スポンサーリンク

「会計」と「精算」の違いとは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「会計」と「精算」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「会計」「精算」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「会計」とは?

「会計」は、購入した商品やサービスの合計金額のことを会計と呼びます。

「会計」は、あくまで支払う側に課せられるものです。

「精算」とは?

「精算」は、「会計」のような総合の料金価格や給料明細などで事細かく勘定があっているかどうかを計算することです。

この時、感情に間違いがある場合、不足金がどの程度あるかなどの他、給料明細であれば、何故マイナスに給料をカットするかなどを記載するのが「精算」です。

なお、給料明細などでマイナスに転じる場合の理由の記載は、例えば、会社の備品を壊すなどがあげられます。

「会計」と「精算」の違い

「会計」「精算」の違いは、計算方法が異なります。

会計は商品やサービスなどの利用や購入にかかる費用の合計値ですが、「精算」はマイナスになる資産も計算することにあります。

その為、会計は、合計値のみを記載しますので、「赤字会計」でない限り、合計金額がマイナスであるとなることはありません。

逆に「精算」は、細かく計算していくうえでマイナスを洗い出すことが可能で、実は会社は赤字経営だと知ることが可能なのは「精算」になるのです。

「会計」の例文

・『会計はこちらでお願いします』 この例は、商品購入の計算をこちらでお願いすると促した例です。

レジで計算処理を行うことをこちらという場所で行うという意味になります。

「精算」の例文

・『出張費用の経費を精算する』
この例は、出張で生じた費用を計算するという例です。

「精算」は、細かく計算をすることにあり、この例では、出張で生じたマイナスとなる資産についても記載します。

その上で、マイナスとなった経費が必要経費で落とすことができる者であれば、会社側が必要な経費だったと判断し、給料にプラスする形で「精算」をします。

逆に、経費で通らない場合は、不必要な出費をしたという理由で、経費は会社は払わず、マイナスとなった分の支払いは、不必要なものを購入したものが支払います。

まとめ

「会計」「精算」の違いは、計算法の違いです。

「会計」は、あくまで商品やサービス群の購入にかかった合計値です。

その為、「会計」に記載されている金額はマイナスに転じることはありません。

これをマイナスとした場合、ビジネスにおいては相手側の不手際により相手側が被害を被ったとしますので、「精算」という方法でマイナスに転じた分の支払いを行うのです。

「精算」はかなり細かく計算を行うため、商品やサービスにおいて、細かくサービス料や材料費用を記載していくのですが、マイナスに転じる事柄についてもしっかりと記載をします。

その為、「お会計」で支払い料金がマイナスにならないのはビジネス上ふさわしくないが故、お会計においては再度打ち直しという方法で対処を行うのです。

この時、「精算」して計算したものをお渡しすればよいのではないかと思われるでしょうが、「精算」ですとお客側もしくはお店側がお店に対してマイナスとなる行為を行う、例えば、借金をしているという失礼極まりない意味になるが故支払い書は必ず、「会計」となるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典