「会議室」と「応接室」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「会議室」と「応接室」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「会議室」「応接室」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「会議室」とは?

「会議室」の意味と概要について紹介します。

「会議室」の意味

「会議室」「かいぎしつ」と読みます。

意味は、「打ち合わせや議論する為に使用する部屋のこと」です。

「会議室」の概要

「会議室」は、打ち合わせや議論する為に使用する目的で設置された部屋のことを言います。

社内だけではなく、社外の人も招いて使用する場で、全員が顔を合わせられる様に大きな四角形、または楕円形のテーブルが使われることが多くなっていたり、テーブルを「コ」の字型に並べているところもあります。

テーブルの高さは書類を見たり書き込んだりするのに都合がいい様に、椅子に座って胸の下あたりの高さになる様になっています。

また、ホワイトボードやプロジェクターなどが設置されているところも多くあります。

大企業では人数に合わせて「大中小」の会議室があったり、「役員用会議室」が特に立派に作られていたりします。

「応接室」とは?

「応接室」の意味と概要について紹介します。

「応接室」の意味

「応接室」「おうせつしつ」と読みます。

意味は「来客を迎え入れる為に使用する為の部屋のこと」です。

「応接室」の概要

「応接室」は、来客を迎え入れる為に使用する目的で設置された部屋のことを言います。

お客様をもてなすことが目的であり、ゆったりと落ち着いて話せる様に、深めのソファと低いソファテーブルが置かれています。

来客に対して見せる会社を象徴する部屋であることから、置き物などもあり、豪華に作られていることもあります。

最初に来客を通しておき、会議室などに移動することが多いのですが、重要なお客の場合はその場で商談することもあります。

「会議室」と「応接室」の違い!

「会議室」「打ち合わせや議論する為に使用する部屋のこと」です。

「応接室」「来客を迎え入れる為に使用する為の部屋のこと」です。

まとめ

今回は「会議室」「応接室」の違いをお伝えしました。

「会議室は話し合いをする部屋」「応接室はおもてなしをする部屋」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典