スポンサーリンク

「会釈」と「挨拶」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「会釈」と「挨拶」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「会釈」「挨拶」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「会釈」とは?

「会釈」「えしゃく」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「相手に軽く礼を表すこと」という意味で、相手に対して少し笑顔を見せたり、頭を傾けて軽くお辞儀する様子を見せることを言います。

2つ目は「相手に心を配ること」という意味で、相手に対して配慮することを言います。

3つ目は「事情を理解すること」という意味で、ものごとの背景を把握することを言います。

4つ目は「事情を説明すること」という意味で、相手に対して申し開きすることを言います。

5つ目は「愛嬌のあるふるまい」という意味で、「こぼす」という言葉を伴って使われます。

「会釈」は、仏教用語で「混乱した内容をまとめて分かり易くする」という意味にお「和会通釈(わえつうしゃく)」が省略された言葉です。

ここから「愛想よくふるまう」という意味で使われる様になりました。

「会釈」の使い方

「会釈」は、「相手に軽く礼を表すこと」「相手に心を配ること」「事情を理解すること」「事情を説明すること」「愛嬌のあるふるまい」という意味で使われます。

名詞として動詞を伴い「会釈する・した」などと使われます。

意味は数多くありますが、現在では基本的に軽くお辞儀をしたり、笑顔を見せるなど、簡単に礼を取り交わすことを表す意味で使われています。

「挨拶」とは?

「挨拶」「あいさつ」と読み、意味は数多くありますが、主なものは以下の通りです。

1つ目は「人に会った時、別れる時などに、礼儀を表す動作や言葉」という意味で、相手に敬意を表して取り交わす言葉や態度を言います。

2つ目は「人前で代表として簡単に演説すること」という意味で、会合や集会でひとこと述べることを言います。

3つ目は「相手に対して敬意や謝意を表すこと」という意味で、世話になった人や周囲の人に対して敬意を表す言動を言います。

4つ目は「相手の無礼への皮肉」という意味で、「御挨拶」と使われます。

5つ目は「仕返し」という意味で、不良や暴力団などが使う言葉です。

上記に共通するのは「人に対して礼を表す」という意味です。

「挨拶」の使い方

「挨拶」「人に会った時、別れる時などに、礼儀を表す動作や言葉」「人前で代表として簡単に演説すること」「相手に対して敬意や謝意を表すこと」「相手の無礼への皮肉」「仕返し」という意味で使われます。

名詞として動詞を伴い「挨拶する・した」と使われたり、副詞として「挨拶して」と使われたりします。

基本的に、相手に対して敬意や謝意を表す時に、言葉をかけるなど相手に働きかける動作に対して使われる言葉です。

「会釈」と「挨拶」の違い

「会釈」「軽くお辞儀をしたり、笑顔を見せるなど、簡単に礼を取り交わすこと」という意味です。

「挨拶」「相手に対して敬意や謝意を表す時に、言葉をかけるなど相手に働きかける動作」という意味です。

「会釈」の例文

・『軽く会釈してすれ違った』

・『相手から会釈が返ってきた』

・『アパート前で人と会ったのでとりあえず会釈した』

・『エレベータ内に人がいたので会釈した』

「挨拶」の例文

・『出社時に警備員に挨拶した』

・『来賓の挨拶が長くて退屈した』

・『退職するので挨拶回りをした』

・『教師は卒業式の日に挨拶を恐れていた』

まとめ

今回は「会釈」「挨拶」について紹介しました。

「会釈」「軽く礼を交わす」「挨拶」「相手に言葉をかける」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典