スポンサーリンク

「低減」と「減少」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「低減」と「減少」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「低減」「減少」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「低減」とは?

「低減(ていげん)」とは、「数量が減ること・減らすこと」を意味している言葉です。

「低減」の表現は、「統計・報道・ニュースなどで使われる頻度が高い、減少よりもかしこまった表現・フォーマルな印象の表現」になります。

例えば、「貿易の輸出額が低減しました」「企業価値が低減する恐れがあります」などの例文で使えます。

「低減」には、「値段が安くなること・安くすること」といった意味合いも備わっています。

「減少」とは?

「減少(げんしょう)」とは、「数量などが減って少なくなること・減らして少なくすること」を意味している言葉です。

「減少」というのは、「減ること・減らすことを示している一般的な表現」になります。

例えば、「地方の学校の生徒数が減少しています」「野生のゾウやトラは大きく減少しました」などの文章で使用されます。

「低減」と「減少」の違い!

「低減」「減少」の違いを、分かりやすく解説します。

「低減」「減少」はどちらも「数量が減ること・数量を減らすこと」を意味している言葉ですが、「低減」のほうが「減少」よりも「報道・統計情報の解釈などで使われやすいかしこまった硬めの表現」である違いがあります。

例えば、ニュース報道では「女性特殊出生率が低減しました」のほうが「女性特殊出生率が減少しました」よりも、「フォーマルでかしこまったニュアンス」が出るといった違いを指摘できます。

また「低減」には「減少」にない、「価格が安くなること・安くすること」といった経済活動・ビジネスにおける意味合いがあります。

まとめ

「低減」「減少」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「低減」とは「数量などが減ること・減らすこと」「値段が安くなること・安くすること」「統計・報道などで使われる減少よりもかしこまった表現」を意味していて、「減少」「数量などが減って少なくなること・減らして少なくすること」「減ることの一般的な表現」を意味している違いがあります。

「低減」「減少」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典