スポンサーリンク

「作業ロス」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「作業ロス」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、作業ロスの意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

作業ロスとは?意味

作業ロスとは、無駄な仕事をして、作業効率が悪くなっている状態を意味します。

効率が悪い状態が続いてしまうと仕事が半分に減る、反対に無駄な仕事をして、余計な時間と能力を費やしてしまうと過剰なムダを生む要因となってしまいます。

作業ロスの概要

作業ロスは、作業員に無駄な作業をさせてしまうことで作業の効率を悪化させ、時間内に仕事が終わらない原因になります。

このことで時間外労働もさせてしまうために余計な人件費がかかる原因を生み出すのです。

この作業ロスになる原因には、工場であれば処理の仕方が間違っている、業務に必要な情報が満たされていないから従業員が効率よく作業ができない、作業員同士の伝達がうまくいっていないなど様々な原因があります。

作業員に情報が伝わらない状態が続いてしまうことで不良品が出てしまい、手直しする時間がかかり、作業にかける時間が減ってしまいます。

効率よく作業するには時間を見て、時間内に決められた数をこなせばならないのに、それができなければロスは膨らみ続けるわけです。

この作業ロスに陥る原因としては、設備の故障や製造できるまでの段取りと調整ロスが目立つ、昼休み後に作業を始めるレーンをスタートさせるときにスムーズにいかない、設備の速度が遅い、トラブルへの対処が遅い、メンテナンスができていないなど様々な原因が積み重なることでどんどん作業ロスが増えていくのです。

作業ロスの言葉の使い方や使われ方

作業ロスの使い方は、作業場で時間のロスが生じたとき「作業ロスが生じた」、作業ロスを減らし、作業員の効率をあげるときに使われている「作業ロスを減らす」、作業ロスの原因となっているものは何か考えるときは「作業ロスの原因について」と問題を考えるために使います。

作業員が作業ロスを出してしまう原因とは何か、作業ロスを出して時間の損失になるのはなぜか、さらには自社でどういった作業ロスが生じているのか気づかないその原因について知るときに使われている言葉です。

作業ロスを使った例文(使用例)

作業ロスを使った例文をご紹介します。

・効率を上げるためには、全体的な作業ロスを見直すことが必要だ。

作業の効率を上げるには、全体的に作業ロスを見直せばおのずとロスの原因がどこでどう起きているのか分かります。

・原因を見直さないから作業ロスが増えていくのです。

作業ロスが起こるのは何かしらの原因があるわけです。

その原因自体をいつまでも見直さないからこそ、どんどんロスは増えていきます。

・作業員の効率を改善するには、作業ロスの対策を考えましょう。

作業員の仕事の効率が低下している原因を見直し、作業ロスにならないよう対策を考えることが必要です。

効率を改善するためには企業側も効率の低下の原因を素早く見直し、効率よく作業ができる対策を考えることが必要です。

まとめ

作業ロスは、作業員に無駄な仕事をさせてしまい、作業の効率が悪くなってしまうだけではなく、過剰な無駄を生み、売り上げにも響く原因となります。

この作業ロスを減らすには、すべてを作業員に任せていても効率は上がりませんので、作業ロスを改善するために企業側がよりよい処理方法を導き出して業務に必要な情報を満たす。

そして、作業員同士が早く情報を伝達できるようにすることが大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典