スポンサーリンク

「使用」と「利用」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「使用」と「利用」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「使用」「利用」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「使用」とは?

「使用(しよう)」とは、「物・施設・人などを本来の目的で使うこと」「道具・設備・施設などをシンプルに使うこと」を意味している言葉です。

「使用」という表現は、「物・設備などを本来の使途(使い道)で使うこと」といったニュアンスも持っています。

例えば、「論文作成でパソコンを使用しました」「野球でグラウンドを使用しました」などの例文で使うことができます。

「利用」とは?

「利用(りよう)」とは、「物・設備・施設などの特性・機能を活かして役に立つように使うこと」「人を都合よく使うこと、人を利己的に使うこと」を意味している言葉です。

「利用」の表現には、「その対象を本来の目的(用途)以外のことで使う」といった意味合いもあります。

例えば、「彼を利用すれば成功することができます」「買い物をする時に、お得なクーポンを利用しました」といった文章で使用できます。

「使用」と「利用」の違い!

「使用」「利用」の違いを、分かりやすく解説します。

「使用」「利用」はどちらも「人・物・施設などを使うこと」を意味している言葉ですが、「使用」のほうが「利用」よりも「シンプルに使うこと・本来の目的(使途)で普通に使うこと」の意味のニュアンスが強くなっている違いがあります。

「使用」に対して「利用」のほうは、「その物・施設・設備などの特性や機能を活用して役に立つように使うこと」「本来の目的以外で使うこと」を意味している違いを指摘できます。

「利用」のほうが「使用」よりも、「実際の役に立つようにそのモノを用いる」という意味のニュアンスが強いのです。

例えば、「スマホを使用する」よりも「スマホを利用する」のほうが、「地図アプリをナビにしたりスマホ決済で支払いをしたりといった使い方・実際の役に立つように使うこと」の意味合いが強くなるのです。

まとめ

「使用」「利用」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「使用」とは「物・人・システムなどを使うこと、物・システムなどを本来の用途で使うこと」を意味していて、「利用」「物・施設・システムなどを役に立つように用いること、本来の目的以外で使うこと」を意味している違いがあります。

「使用」「利用」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典