「価格」と「値段」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「価格」と「値段」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「価格」「値段」の違いを分かりやすく説明していきます。

「価格」とは?

「価格(かかく)」とは、「品物の値打ち(商品の価値)について金額・貨幣で表現したもの」を意味している言葉です。

「価格」とは「製品の購入やサービスの利用の対価として支払うべき金銭価値」のことで、「財・サービスの希少性を相対的な金額で示したもの」です。

「価格」という言葉には改まった響きと固い語感があるため、書き言葉で使われやすい「文語的な言葉」になります。

「値段」とは?

「値段(ねだん)」とは、「商品やサービスの価値について金額・貨幣で表現したもの」を意味している表現です。

「値段」という言葉は、「商品(品物)やサービスが売買される時の金額」のことを意味しています。

「値段」という言葉にはフランクな響きと柔らかい語感があるため、話し言葉で使われやすい「口語的な言葉」になります。

「価格」と「値段」の違い!

「価格」「値段」の違いを、分かりやすく解説します。

「価格」「値段」「品物の値打ちや商品価値について相対的な金額で表現したもの」という共通の意味合いを持っていて、基本的にはこの二つの言葉は「同義語」になります。

しかし、「価格」「値段」よりも「やや改まった響き・固い語感」を持っているという違いがあります。

実際の用法でも「価格」「公式サイト・売る側の言葉(サービス料金の価格設定はこちらになりますなど)」で使われやすく、「値段」「日常会話・買う側の言葉(この品物の値段はいくらですか?など)」で使われやすい違いも指摘できます。

基本的に同じ意味を持つ二つの言葉ですが、「価格」「書き言葉で使いやすい文語的な表現」であり、「値段」「話し言葉で使いやすい口語的な表現」なのです。

まとめ

「価格」「値段」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「価格」とは「品物の値打ちについて金額で表現したもの・書き言葉に多い文語的な表現」を意味していて、「値段」「品物の値打ちについて金額で表現したもの・話し言葉に多い口語的な表現」を意味している違いがあります。

「価格」「値段」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典