「保有」と「所有」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「保有」と「所有」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「所有」「保有」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「所有」とは?

「所有」の意味と使い方について紹介します。

「所有」の意味

「所有」「しょゆう」と読みます。

意味は「自分名義のものとして持っていること」です。

「所有」の使い方

「所有」は、自分に権利があるものとして持っていることや、そのもののことを言います。

名義が自分であり、状況が変わらない限りは半永久的に持つことになるものに対して使われことが多くなります。

一般的に、土地や建物、絵画、車など、資産価値のあるものに対して使われています。

「所有」は権利がその人にあるということで、他の人が使用していることもあります。

「所有者」「使用者」が違うものとして、土地や賃貸物件、車などがあります。

特に車の場合、所有者から車を預かり継続的に使用している人に対しては、「その車を保有している」と言えます。

「保有」とは?

「保有」の意味と使い方について紹介します。

「保有」の意味

「保有」「ほゆう」と読みます。

意味は「自分のものとして持っている状態、またはそのもの」です。

「保有」の使い方

「保有」は、自分のものである状態、またはその状態であるもののことを言います。

あくまで手放すまで自分のもので、いつか手放す可能性もあるものを表す言葉です。

具体的には「株を保有する」「核を保有する」など、今のところ維持しているものに使われます。

名義は誰のものということまでは含まれておらず、組織や団体として持っていることもあります。

「所有」と「保有」の違い!

「所有」「自分名義のものとして持っていること」です。

「保有」「手放すまで、自分のものとして持ち続けている状態のこと」です。

まとめ

今回は「所有」「保有」の違いをお伝えしました。

「所有は自分名義のもの」「保有は手放すまで持っているもの」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典