スポンサーリンク

「修業年限」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「修業年限」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本では義務教育として小学校や中学校に通う仕組みになっており、これ以降は高校や大学を選んで学ぶことが可能です。

学校では一定のカリキュラムを履修することが必要となり、これは「修業年限」というもので期間が定められています。

この記事では、「修業年限」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「修業年限」とは?意味

「修業年限」とは学校の課程や教育する期間のことを表す言葉であり、これは制度によってきちんとした期間が定められています。

小学校ならば6年間、中学校は3年間、高校は3年間と定まっていますが、大学は色々な種類があるので期間は異なるのが特徴です。

「修業年限」の期間の課程やカリキュラムを学ばないと卒業できないので、これを満たない場合には留年などの措置が取られます。

「修業年限」の概要

「修業年限」はその学校で学ばなければならない課程の期間であり、これを完了することで無事に卒業することが可能になります。

小学校や中学校は義務教育なので特定の場合の除けばほとんどの人が「修業年限」を満たして卒業することが可能です。

しかし任意で選択する高校や大学の場合では「修業年限」の課程をしっかりと出席して学習することや、勉強を理解したかどうかのテストに合格することが卒業や修了の条件となるのが特徴です。

「修業年限」の学習をせずにテストにも不合格となると留年の措置が取られますが、この場合には学校に残ってもよい期間である「在籍年限」内で学び直すことが可能です。

この「在籍年限」は高校や大学によっても異なるために、もし留年をした場合はどれだけの期間在籍できるかを調べるのは大切です。

「修業年限」は大学や大学院への飛び級をする場合には期間を短くすることが可能です。

「修業年限」の言葉の使い方や使われ方

「修業年限」はそれぞれの学校で異なりますが、基本的にはこの期間に在籍して学習しなければ卒業や修了できません。

高校や大学は色々な種類があり、それぞれ「修業年限」が異なります。

また学習方式としての別科や専攻科でも「修業年限」は異なるので、学習を希望している学校の「修業年限」は事前に調べておくのが大切になります。

「修業年限」を使った例文

・『病気で休学していた期間は当然だが修業年限には含まれないので、大変だと感じました』
・『医学部の修業年限は6年と長いこともあり、相当な費用が掛かるそうだ』
・『その不良は修業年限を満たせず、翌年も留年をした』

まとめ

基本的にしっかりと学んでいれば「修業年限」はそのまま満たすことも多いのですが、時に病気やトラブルによってこれを最短で満たせないこともあります。

その場合には「在籍年限」内で学ぶことで卒業や修了の条件を満たすことが可能です。

大学の場合だと卒業が遅れることで就職に対してのデメリットもあるので、できればしっかりと学び最短で「修業年限」を満たすのがいいとされています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典