スポンサーリンク

「倍率187倍」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「倍率187倍」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「倍率187倍」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「倍率187倍」とは?意味

「倍率187倍」は、ジャニーズフェスティバルというジャニーズアイドルグループの音楽祭の当選倍率を計算した際の倍率のことを指しますが、実はこの倍率、計算方法が間違っていることで話題になったものです。

というのも、この計算式は、ジャニーズのアイドル会員全員を踏まえて計算をしており、その上でドームの収容人数を半分にしたうえで計算しています。

ここで問題になるのが、全員がジャニーズのフェスティバルに応募している点にあり、果たして皆が全員応募すると踏んでいるかどうかが重要だと言われています。

「倍率187倍」の概要

「倍率187倍」については、実のところ倍率なんてあったものではありません。

何故なら、倍率という物が成立するのは、定員数と実際に収容される人数が物を言います。

その為、言ってしまいますが簡単に倍率自体は調整が可能なのです。

例えば定員数たった一人で、この一人の席を奪い合うために、5000名が集まれば、倍率が5000倍です。

よって倍率という物はあってないような物で、言い方を悪く言えば、定員数を削れば、実際にどんなに人が集まろうと倍率を調整し、大きくみせることなんて容易なのです。

よって、「倍率187倍」については、アイドルグループの倍率が高いことのアピールにはなりますが、実際には実のところ大した倍率ではないと言い切れます。

何故なら、とある自動車を購入できるかどうかの倍率の方が高いのですから、アイドルの音楽祭は別に言うほど高くはないです。

「倍率187倍」の言葉の使い方や使われ方

「倍率187倍」は2021年度におけるジャニーズの音楽祭の倍率を言うためにしか使用できません。

「倍率187倍」を使った例文

・『倍率187倍は実のところ大した倍率ではない』
これは、倍率187倍という数字は大したことがないという物です。

何故なら、自動車のブガッティという自動車の方が自動車を販売してもらえる確率がこれよりもすごいからです。

というのもブガッティは、お金があれば車を販売するという物ではなく、厳密な審査があり、自動車がふさわしい人物であるかどうかを審査するので倍率という確率論を通り越しており、ほぼ当選する確率は無いに等しいとまで言われています。

よって数字云々で計り知れないものと比較した場合、「倍率187倍」は、たいしたことがないです。

まとめ

「倍率187倍」に限らず、多くの人は、倍率が高くなれば、ほぼ当選が不可能であると考えますが、実は倍率という物で確率で物事を図ることができるものは実はたいしたことは無いと言い切れます。

逆に倍率が作用しない審査を合格できたものの方が素晴らしいと言え例えば自動車の販売店ブガッティは、自動車の購入には倍率は存在しておらず、厳密な審査によって通過した物だけが自動車を購入できるのでただのお金持ちであれば自動車を購入できるディーラーではありません。

よって倍率という物がなく、厳密な審査でしか得ることができない物の方が特別な存在であるが故それを得ることが許されていると言い切れるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典