スポンサーリンク

「偽善者ぶる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「偽善者ぶる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ネットを読んでいると、見慣れない言葉が出てきて戸惑うこともあります。

この記事では、「偽善者ぶる」の意味を分かりやすく説明していきます。

あやふやな単語を、今すぐおさえていきましょう。

スポンサーリンク

「偽善者ぶる」とは?意味

「偽善者ぶる」とは「いい人」のフリをすること。

うわべだけを取り繕って、ありのままの姿を見せないことです。

いかにも不誠実そうな人が「いい人」の仮面を付けていることを、非難するフレーズになります。

あまり良い意味では、用いられない言葉です。

「偽善者ぶる」「ぶる」は、それっぽく振る舞うこと。

本当はそんな一面は持っていないのに、他人からそう思ってもらえるように背伸びすることです。

そのため「かわいこぶる」というと、猫をかぶって可愛くみせること。

「いい子ぶる」だと、優等生のフリをすることです。

よって「偽善者ぶる」で、本当は悪人なのに善人っぽく振る舞うこと、またはそうした人をあらわします。

関わるとヤケドをしてしまうタイプです。

「偽善者ぶる」の概要

「偽善者ぶる」はSNSから生まれた言葉。

今では当たり前のようにつかわれています。

もっともらしい理想論を並べているけれども、中身が伴っていない浅はかな人に用います。

善人のように出しゃばる人、知ったかぶりをする人に、モヤモヤしている時につかいます。

「偽善者ぶる」「偽善者」には「善人のフリをしている人」という訳もあります。

そのため「偽善者ぶる」は、「偽善者」「ぶる」が重なるため、日本語として間違っているのではないかという指摘もあります。

ただ「偽善者ぶる」の意味としては、よこしまな心があるのに善人ぶっている人を示します。

「偽善者ぶる」の言葉の使い方や使われ方

「偽善者ぶる」はこのように用います。

・口先だけの上司は、偽善者ぶっていると陰口をたたかれている。

「偽善者ぶらないで。もっと気楽にいこうよ」
・町内会長は偽善者ぶるところがなく、親しみやすい。
「偽善者ぶる」とは損得勘定を考えて、いい人を演じている人のこと。

裏と表の顔をもっている人です。

そのため、あまり良いシーンでは用いられません。

反面教師として、使われることが多いです。

「偽善者ぶる」の類語や言いかえ

「偽善者ぶる」と同じような言い回しには、次の言葉があります。

・食わせ者
・腹黒い
・あざとい
・裏と表がある
・いい人ぶる
「偽善者ぶる」の言いかえには「腹黒い」「裏と表がある」などがあります。

二面性があって、素直ではない人のことです。

ちなみに「食わせ者」というのは、悪人なのに善人のフリをする騙し屋のこと。

「食わす」には「あざむく」という陰湿な意味があります。

まとめ

「偽善者ぶる」の意味や使い方をチェックしました。

「偽善者ぶる」とは、いい人のように見せかけて本当は腹黒い人をさします。

損得だけを考えて行動している人を、批判する言い回しになります。

類語には「あざとい」「いい人ぶる」などの言葉が挙げられます。

油断ならない人に、一杯食わされないように注意したいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典