スポンサーリンク

「優れた技術を持つ」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「優れた技術を持つ」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「優れた技術を持つ」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「優れた技術を持つ」とは?意味

技術は、科学の原理を、工業などを初め産業や医療・事務などの活動に役立てて、生産するしかたやわざ、物事を巧みに、能率的に行うわざなどを指す言葉で、「優れた技術を持つ」はその中でも特に優れている生産方法や技を持っていることになります。

自動車メーカーでの優れた技術を持つという言葉であればデザインなのか、エンジンなのか、内装なのか、サスペンションなどなのかと幅広い技術のうちのいくつかが優れていることになります。

プロレスの優れた技術を持つと指した場合、多彩な技を持っていることや、観客を楽しませるアイデアを持っていることを指します。

この場合スタミナがあると言った要素はやや技術から離れていると言えるでしょう。

「優れた技術を持つ」の概要

先進的な技術を持っているところは「優れた技術を持つ」と表現されますが、新しいものではなく、古くから代々伝えられる秘伝的な技術に対しても優れた技術を持つと言って問題ないでしょう。

手品や手術のような習得の必要なもので、それが優れているものであれば「優れた技術」ということが可能で、歌がうまいことを、発声や声の伸びなどの部分に着目して「優れた技術を持つ」ということは出来ますが、知識を得るのに実際には努力を必要としますが知識が優れていることに関しては「優れた技術を持つ」とは言いません。

知識のように頭脳がかかわることであれば相手との駆け引きなどの要素が含まれるものが技術と言えるでしょう。

技術自体がもともと優れているという含みがある言葉なので、「優れた技術を持つ」の逆の言葉は「技術が古い」「技術が劣っている」など、比較対象となる技術があっての言葉になります。

「優れた技術を持つ」の言葉の使い方や使われ方

日本の自動車メーカーは特にエンジンとモーターのハイブリッドに関して優れた技術を持っている、新幹線は高速運転に対して優れた技術を持っており、騒音対策や省エネ対策にも優れている。

このバッターはバントに対して優れた技術を持つなどの使い方があり、どれも良い意味で使われます、基本的には現在進行系の言葉ですが、「かつて「優れた技術を持つ」会社だったが倒産してしまった」などのように過去を指すことも出来、「この工場建設によってより「優れた技術を持つ」ことになる」という仮定、未来を指すことにも使うことが出来ます。

「優れた技術を持つ」の類語や言いかえ

高い技術を持つ、素晴らしい技術を持つなど「優れた」の部分を良い意味で言い換える言葉はたくさんあります。

また、「技術」を技能やテクノロジーと言い換えることも可能です。

「持つ」の部分は誇る、備える、有するなどで言い換えることが出来、「優れた技術を持つ」「高いテクノロジーを有する」でも大きく意味合いは変わらないと言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典