スポンサーリンク

「優劣を決める」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「優劣を決める」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「優劣を決める」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「優劣を決める」とは?意味

「優劣を決める」とは、争っている二つの物や人に対して、どちらが優れていてどちらが劣っているかを決定する事を表している言葉です。

「優劣を決める」の概要

「優劣を決める」とは「ゆうれつをきめる」と読みます。

「優劣」とは、その漢字が意味するとおり、2つの物や人、考え方などの様々なものについて、どちらが「優れている」「劣っている」かを比べるという意味を持っています。

比べられる対象は様々で、人の仕事においての能力であったり、学業の成績であったり、商品の性能の違いであったり、さらには考え方などの抽象的な事柄に至るまで、色々なものが当てはまります。

さらに「優劣」という言葉は、単に優れているか劣っているかを決めるだけではなく、どちらが正しくどちらが悪いかという2極の判断においても使われます。

その「優劣」について明確な理由や根拠をもって、「決定」することを「優劣を決める」と表現します。

「優劣を決める」の言葉の使い方や使われ方

「優劣を決める」は、二つの似通っている物事について、どちらが優れているか、どちらが劣っているかを決定する際に使用される言葉です。

比較される二つの物事については、当然同じ種類の物であったり、同じ考え方であったりする必要があり、全く違う分野の物事については「優劣を決める」事はできません。

この事にさえ注意すれば「優劣を決める」を使う対象については、様々な範囲の物事について使う事ができます。

例えば、学業の成績について「優劣を決める」であれば、試験などの点数がどちらが高かったかどうかを、点数という明確な数字を根拠に決定するという意味を持ちます。

他にも、商品の「優劣を決める」であれば、ふたつの同種類の商品において、どちらが性能や価格などについて優れているか劣っているかを決定する事を示しています。

さらに考え方などの抽象的なものに対して「優劣を決める」と使われる場合がありますが、これについては個人の見解や考え方が大きく影響するため、比較する人によって「優劣」に差が生じる事が起こり得ます。

これはコンテストなど場面で、数名の審査員がひとつの物事について「優劣を決める」場合、審査員個々については「優劣を決めて」いるものの、その結果については個人差があり、審査員全てが同一の結果になるとは限らないという事です。

このように「優劣を決める」場合は、明確な根拠によってはっきりと決定する事は指す言葉ではありますが、決定した事柄については場合によって差が生じるという事を注意しておかなければなりません。

「優劣を決める」を使った例文

・『業績の優劣を決めることで、来期の目標を立てる』
・『個人のやる気を鼓舞するために、あえて成績の優劣を決める』
・『個人的な考え方として、優劣を決めることは望ましくない』

まとめ

「優劣を決める」とは、2つの物事について、どちらが優れているか、どちらが劣っているかを決定するという意味を持っています。

「優劣を決める」は、数字などの根拠を元に決定されますが、場合によっては決定された「優劣」に差がでる事を注意しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典